【初心者向け】:アニメグッズの邪魔をしない《渋めのドライフラワー6選》|趣味部屋に優しい『地味な観葉植物』とは?

カジマグ先生

インテリアマン。140万PV突破webラノベ作家。2018年8月よりMBラボでインテリア情報を発信。好評を受けYouTubeも開設。順風満帆に見えたが、なんの因果かオタク部屋の劇的ビフォーアフターを始めることに。 (twitter)

趣味部屋グッズを引き立てる:【サポート役のドライフラワー】とは?

おブログの更新ですわ!!

インテリアお嬢様。

   

   

↑本日のお題は『お花』でございます!!

素敵なインテリアに『お花』というアクセントはつきもの!!

これまでにも色んな話題がありました!!

ありましたねえ。

  

《過去記事》

【イキってる】と思われないインテリア:観葉植物は『セーフ』です

【アウトとセーフの境界線】『イキってる』と思われないインテリア雑貨3選|必要なのは【実用性】【説得力】【必然性】

【安っぽく見えないフェイクグリーン】:造花ブランド『アスカ商会』

【安っぽく見えない】フェイクグリーンの選び方|インテリアショップで使われてる<リアルな造花>ブランドはどこ?

【フラワーベース】の選び方:アクタスの花瓶が良品です

【花瓶/フラワーベースの選び方】花瓶のサイズ選びはハードルが高い?|『ACTUS(アクタス)』のおすすめフラワーベース

 

↑まあ、観葉植物が良いってのはそろそろ分かってきたんですけど。

個人的には、

あんまり『良家のディナー』みたいになるほど華やかにしなくていいんですよねえ。

そうなんです。

お気持ちたいへんよくわかります。

  

※『ここまで主張しなくていい』
……という人もいます。

    

もちろん!!

きらびやかなお花を『お部屋のメインディッシュ』としてド派手に飾るのも大変よろしいのですが!!

そういう趣味の方は、それで全然OKですよね。

ですが、

インテリアってのは部屋全体のバランスが大切です。

   

※植物を『コーディネートのコア』に使うパターン

   

『アート』とか『照明』とか『家具』とか、

『ファッション』とか『楽器』とか『スポーツ用品』とか、

『美少女フィギュア』とか『萌えタペストリー』とか『アニメグッズ』とか!!

自分なりの趣味用品を目立たせたいので、

お花にはサポートに徹して欲しい……ということも往々にしてよくあります。

むしろそっち派なんですよね。

   

▼植物はあくまでサポートで▼

  

お花に興味はあるんだけど、

『お花がメインディッシュの部屋』を目指してるわけじゃないんだよね。

というわけで!!

本日は、超初心者向け!!

主張しすぎない『ほどよく脇役なドライフラワー』のオススメをご紹介いたします!!

ヒュウ!! マニアック!!

   

▼ほどよく『主張が少ない』ドライフラワー▼

   

あ、ていうかドライフラワーなんや。

ナマのお花じゃないんですね。

ドライフラワーは『リラックスに寄ってくれて嬉しい』というのと、

『枯らす心配がない』という便利さがあるのでね。

 

(関連記事)

インテリアの世界は【レトロ】が強い

インテリアがいまいちパッとしないときは『レトロ感』を意識するのです! |オシャレな時計はアナログ時計?

【おしゃれな部屋は】:リラックスのバランスを『2:1』にする

インテリアの【個性】を考えるんだ!|『レオパレス』とか想像してみてください。|オタ活向け・おしゃれな趣味部屋の作り方

   

あと僕、園芸の専門家じゃないので。

見た目だけで観葉植物すすめて『すぐ枯れる』とか『虫だらけ』とかになっても申し訳ないんで。

そういうの無責任にオススメしてる人いっぱいいますよ。

自分もやっていい理由にはならんじゃろうが。

   

ドライフラワー永遠の定番:何にでも使えるグリーン【ユーカリ】

   

ザクザク参りましょう!!

おすすめ一発目はこちら、永遠の定番《ユーカリ》です!!

花言葉は『思い出』や『慰め』!!

ううーむ!! 必要な方もおられるんじゃないでしょうか!!

花言葉のくだりは要らねえよ?

もう本気でドライフラワーのこと何も知らない初心者だったら、

『つべこべ言わずに最初に買え!』という植物でございます。

おしゃれなお花の話してるときに、そんな野蛮な勧め方ある?

え~、『ユーカリ』!!

ちょっとわざわざご紹介するのも恐縮なくらいの超メジャーなグリーンです!!

   

   

とはいえ、どうしてそこまで定番かというと、

それだけ『使いやすい』からなんですよね。

植物のことはよくわかりませんが、

世の中の定番品って割とそんな感じですよね。

ユーカリ単独で使ってヨシ、

他の植物と合わせてもヨシ、

束ねてボリュームを出しても良いし、

『一本だけ飾る』とか、なんなら『千切れたちょびっとだけ飾る』のですらサマになる。

  

▼ほんのちょびっとを▼

  

  

▼100円ショップの麻玉に飾るだけで成立します▼

(参考記事):【ダイソーで買える】インテリアのオススメグッズ3選

【ダイソー/DAISO】実際に愛用・インテリアで使える100円ショップのおすすめ商品|『低予算の雑貨』『100均/百均』

    

色の具合もお部屋のカラーコーデをジャマしたりせず、

丈夫なのでドライにしてもなかなか葉が落ちない。

初心者向けっぽい!!

普通、家具に『グリーン色』の物ってあんまりないから、

どれだけ普通の観葉植物でも『緑』が目立ってお部屋のメインディッシュっぽくなりがちなんですけど。

 

▼『色』が部屋のコーデを邪魔しません▼

    

ドライにすると、程よく色味が抜けて

めちゃくちゃお部屋に馴染ませやすくなるんですよね。

ふむふむ。

ふむりふむりですね。

普通に観葉植物を楽しみたいなら気にしなくていいけど、

ワイみたいな『アニメグッズ』とかをメインで飾りたい人は、主張の少ないユーカリのドライはありがたいかもですね。

  

▼これも『ユーカリ』です▼

■過去記事:オタクの汚部屋を『趣味を活かして』劇的ビフォーアフター

   

どこにでも売ってるのですぐ手に入るし、

もし家族とか友人が育てていたら『剪定』した枝を分けてもらうのもアリ。

ドライフラワー『最初の一本』として、まず飾るだけでも素敵ですが、

将来的にも『組み合わせ』で色んな役に立ち続けてくれますよ。

うう~む!!

  

※ユーカリは『組み合わせ』でも大活躍します。

   

『初心者向け』と言うだけ言って

マニアックなやつ教えるつもりだろうと思っていたんですが。

どうやら本当に初心者向けのようですね……。

そこから疑ってたの?

  


はなどんやアソシエ:ドライフラワー【ユーカリ】

     

  

カフェ風にも北欧風にも定番人気:黄色いぽわぽわ【ミモザ】のドライ

  

二つ目!!!

有史以来、こいつを嫌いな人類は誰もいない花……《ミモザ》!!

煽り文句がドライフラワーのそれじゃないですね。

花言葉は『秘密の恋』でございます。

カジマグ先生が言うとイラッときますね。

  

  

基本的にドライフラワーの良いところとは、

『水やり不要』という便利さと、『色が茶色っぽくて部屋に馴染んでくれる』という合わせやすさなのですが。

ミモザは、お花はお花なんだけど、

非常~に小さくやわらか~い黄色のお花が咲く、とっても控えめなビジュアルなのです。

キレイだけど、派手というより上品な感じしますよね。

   

※ドライにされてない『ナマのミモザ』です。

  

ミモザに限らず、ドライフラワーってのはまあ、

とりあえず干しとけばなんでもかんでも茶褐色っぽくなるんですが。

元の色が寒色系だと、ちょっと青みが残ったりします。

インテリア的に、『青』はちょっと上級者向けなんですよね。

  

(過去記事)

【インテリアのカラーコーデ】:お部屋は『イエローベース』が鉄板です

東京インテリアショップ【Rigna(リグナテラス東京)】主催・インスタの無料セミナーを120%楽しもう!!|色・黄金比編

  

ですがミモザは元々が黄色。

黄色から干されて『茶褐色っぽくなった黄色』に変化するわけです。

同じように見える茶色にも、

微妙な配合の違いで『赤味のブラウン』とか『青味のブラウン』とかあるわけですが……。

ミモザなら、

まごうことなき『イエローベースの茶褐色』ということですね。

イエス!! そういうことですよ!!

   

   

   

   

お花自体は極めて小さく控えめで、

色味もイエローベースでインテリアと相性良し!!

ということで、

昔っから飽きられることなく、ずっとずっと愛され続けてきたお花なのでございます。

落ち着いた感じで良いと思います!!!

(※小声)有坂真白ちゃんのテーマカラーも黄色ですしね。

……。

応援してます。

      

(関連記事)

【有坂真白さんを活かして】:オタクの趣味部屋を劇的ビフォーアフター

【趣味を活かして】劇的ビフォーアフター:蒼の彼方のフォーリズム『有坂真白ちゃん』で覚える汚部屋・オタク部屋のインテリア

   


■はなどんやアソシエ:ドライフラワー【ミモザ】

      

おしゃれ猫じゃらし:【パンパスグラス】【ラグラス】【ボアプランツ】

   

お次いきますよ!!

ドライフラワーと言えばこれだ、『ねこじゃらし系』!!

ニャァァァァァァァンッッ!!!!

  

 

要するに『イネ科』の植物ですね。

お花と言うよりコメ的なビジュアルで、派手すぎないけどフワフワして優しい雰囲気だというジャンル。

ふむふむ。

人気の『パンパスグラス』なんかはよく見かけるんじゃないかな。

ゴーストオブツシマみたいなやつ。

  

▼パンパスグラス▼

(画像引用元:はなどんやアソシエ様より)

 

▼ゴーストオブツシマ▼

(※画像引用元:ファミ通.com様より)

    

なんか知ってるかも!! です!!!

ただこれけっこうデカイのでね。

『相応の花瓶』がないと、重量的にも見た目のバランス的にも支えられないです。

ははあ。

たしかにこれ、1m近くありそうですね。

  

(関連記事)

花瓶と植物のバランスは『1:1』が基本です

【花瓶/フラワーベースの選び方】花瓶のサイズ選びはハードルが高い?|『ACTUS(アクタス)』のおすすめフラワーベース

    

『小ぶりのイネ科』というくくりで考えるなら、

個人的なイチオシは、ボアプランツという植物です。

親戚の『ラグラス』なんかも柔らかくて素敵なんだけど、

『ボアプランツ』の方がもうちょっと歯ごたえがある感じかな。

玄米みたいな表現やめてください。

  

▼『ラグラス』はポワポワ▼

  

▼『ボアプランツ』はザクザク▼

  

↑かわいすぎず、デカすぎず、

ほどよいカジュアルさがあって、まさに誰にでも使いやすい便利な植物です。

まあ細かいところは各人の好みですが、

『パンパスグラス』『ラグラス』『ボアプランツ』の3種あたりから自分の気に入るやつ名前覚えとけばだいぶ戦えますよ。

ほーんほーん。

別にラグラスも好きかな。

良いと思います!!!

  

※自分の『好き』が最優先です!

  

あ、ちなみに花言葉。

パンパスグラスは『強気な心』、

ラグラスは『私を信じて』、

ボアプランツは『豊かな実り』などでございます。

豊作待ったなしやな。

   


■はなどんやアソシエ:ドライフラワー【パンパスグラス】

  


■はなどんやアソシエ:ドライフラワー【ラグラス】

  


■はなどんやアソシエ:ドライフラワー【ボアプランツ】

   

いちばん派手でいちば地味なドライフラワー:【紫陽花(アジサイ)】

   

『ぼくがかんがえたさいきょうのおはな』。

そう!!! 『アジサイ』です!!!!

嘘ばっか言ってるといつか逮捕されますよ。

   

   

えー、アジサイ。

いわゆる夏休みに近所の公園でいっぱい咲いてるアレですね。

さすがに分かります。

てゆーか今回一番聞き覚えがあるお花です。

ドライフラワーに興味がない方は

雨の日にカタツムリが乗ってるイメージしかないと思うんですけど、

アジサイは、実はめっちゃインテリアな植物なんです。

   

  

一つ一つの花弁は小さいのですが、

手まり咲きになった全体の直径はとても大きく、独特のシルエットを形作ります。

他の植物でこの輪郭の花ってちょっと無いですね。

家具・家財って『直線デザイン』のものが多いから、

こういうR(アール)の大きい曲線のアクセント小物があると、お部屋の装飾に程よいリズムが生まれます。

 

▼普通の家財にはない『シルエット』▼

(※画像引用元:TRUCK公式様より)

  

まあ、サイズ的には

『大輪の花』クラスのけっこうなボリュームを感じる大きさではあるのですが、

アジサイは、ド派手なサイズに対して色のバランスが素晴らしい。

めちゃくちゃ良い感じに地味な色してるんですよね!!

なんか失礼な口ぶりになってますよ。

アジサイのお花は

基本的に『赤』とか『青』とか派手めのお色をしちゃってるんですが、

  

【アジサイの花の色】

アジサイは土壌のPH値により色素アントシアニンが反応し、花弁の色が『赤系』や『青系』に変化します。人為的に調整が可能。

なので、『移り気』とか『無常』みたいなネガティブな花言葉も持っていたりします。アジサイお前……。

    

これがねえ、

ドライにするとめちゃくちゃ良い感じに色が抜けるんですよね!!

特に、『茶褐色』に仕上げたものはめちゃくちゃ使いやすい。

束ねて目立たせるのも良いですし、単独でサポートに回しても部屋馴染みが良くて悪目立ちしません。

   

(※画像引用元:TRUCK公式様より)

  

なんか、ファンタジー世界のアンティークな手紙みたいな色ですね。

そう!!

植物なのに、アンティーク雑貨の色してるんですよ!!

   

▼『家財の色』と馴染みます▼

   

本日ご紹介してる他の地味植物たちと比べたら、

ちょ~っとインパクトあるタイプのお花ではありますが、

『華やかな植物の中では』『一番落ち着いてる』……という、

『上の下』的な一押しドライフラワーでございます。

そのポジションのものがちょうど欲しいときあるよね。

アニメグッズもいいけど、

お花もそこそこに楽しみたいときはぜひ選択肢に入れてみてくださいね。

ほーい!!

   

※唐突にフレームインしてくる謎の女性

  

ちなみにこれ、アジサイって『夏の季語』のイメージが強いですが、

こいつのドライを1年中飾ってても別に悪く言う人いない世界ですんで、気にせず飾りっぱなしでOKです。

インテリアの世界がたまに見せる優しさですね。

インテリアの世界はいつも優しいよ?

     

【アジサイの通販】

『花びらのボロボロ度合い』や『色の抜け具合』など、個体差が非常~に激しいので通販よりも店舗で実物を見てから購入推奨です。

百貨店のお花屋さんで、ちょい奮発して『ひとつ1500円~2000円くらいのやつ』で一番気に入ったものを選ぶのが良き。

  

  


はなどんやアソシエ:東北花材【プリザーブドフラワー・アナベル】

【プリザーブド加工のアジサイ】

どうしても通販したいときは『東北花材』さんのプリザーブドが安心度高めです。

ドライではないのですが、枯れ防止加工と深いブラウンの着色がされており、人工的ではありますが寿命と品質が安定しています。

  

『草なのに花』『花なのに草』:インテリアまりも【手まり草(テマリソウ)】

  

ギャップ狙いで超地味なやつイキます!!

花っていうか、ここまでくるともう完全に草!!

『インテリアまりも』こと《手まり草(テマリソウ)》です!!

花みたいな顔して咲いてるけど、

よく見るとマジで完全に草ですねこいつ……。

    

▼『ドライ』になるとこんな感じ▼

  

『草』だけど咲いている!! 咲いているけどやはり『草』!!

うう~む!! 控えめ好きにはたまりませんね!!

そういう趣旨だからいいんだけど、

こういうのほんとよく見つけてくるよね……。

  

  

こちらのテマリソウ、

某雑貨屋さんで『グリーンカーネーション』ってタグ付けて売られてたけど普通に別の植物ですので騙されないで。

騙すつもりじゃないと思いますけどね。

  

【グリーンカーネーション】

一般的には『お花が緑色の』『普通のカーネーション』のことを指します。

『カーネーション系の(ナデシコ科の)』『グリーン(葉物)』くらいのニュアンスで表記されたのか、ずばりテマリソウにそういう通称があるのか不勉強なので情報求ム。

   

昔、近所のTSUTAYAでビデオレンタルのタグに

『機動武闘伝G(グレート)ガンダム』ってルビふってあったんですけど、あれと同じですね。騙されてはいけない。

一緒にするな。

TSUTAYAも、

答え知らないなら予想でルビをふるな。

   

   

↑もう見たまんまの魅力ですので、余計な言葉は無粋でしょう。

お花の形してるけど素材は完全に草。

癒しと華やかさを感じさせてくれるけど、アニメグッズみたいな『お部屋のメインディッシュ』の邪魔をしない。

これほどまでに『ちょうどいい地味さ』のドライフラワーはなかなかありません。

非常にオススメでございます。

  

▼『1本だけ』で飾っても成立します▼

  

束ねてボリュームアップしてもヨシ、

一本だけで飾っても『ケバケバな存在感』のおかげで寂しくならず、それっぽいフンイキが出てくれて素敵ですよ。

実はけっこう好きですこいつ。

   

  

ちなみに、花言葉は『純粋な愛』でよろしくお願いします。

それさえなければなぁ……。

別に欠点じゃないが。

   

■マイフラ:ドライフラワー【テマリソウ】

   

【アニメで学ぶ番外編】:シドニアの騎士で覚える【グレビレアゴールド】

  

お別れのお時間となりました!!!

趣味グッズたちを引き立てる、

あえて地味めの『サポート役ドライフラワー』、ラストを飾るのはこいつだーっ!!

  

  

南の島の不思議なお花、『グレビレア』!!!

グレビレア!!!

グレビレア!!!!

グレビレア!!!!!

  

  

えー、グレビレア。

お花の方はちょっとこう、シドニアの騎士みたいな感じなんですが。

今回オススメするのは『葉っぱ』の方ね。

   

▼グレビレアの花▼

  

▼シドニアの騎士『奇居子(ガウナ)』▼

(※画像引用元:映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』公式様より)

  

▼グレビレアの花▼

        

▼シドニアの騎士『奇居子(ガウナ)』▼

(※画像引用元:映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』公式様より)

    

思ったよりだいぶシドニアの騎士だった。

お花は上級者向けなので、今回はちょっといったん忘れてくださいね。

なら脳裏にこびりつく映像を見せるな。

   

  

本題はこちら、葉っぱの方。

グレビレアの葉っぱがですねえ、これがもう非常にインテリアによろしいんですよねえ。

おん? んんんんんん?

緑のやつと茶色のやつがありますね。

ナマとドライを半々で使ってるんですか?

良~~い質問です!!!!

でも違うんだよなあ!!!!!

なんか腹立つな。

   

  

実はですね。

グレビレアの中でも特別な《グレビレアゴールド》という品種は、

葉っぱの色が『表はグリーン』『裏はブラウンゴールド』という、

リバーシブルみたいになってるんですよ!!

そんなことあるのっ!?

  

▼グレビレアゴールドの葉▼

(※画像引用元:世界の花屋様より)

 

すげえええええええええっっっ!!!

インテリアというのは、

お部屋全体の『色数』が多いほど情報量が増えてプレッシャー化してしまいます。

  

▼色数が多いとプレッシャー化します▼

(※画像引用元:映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』公式様より)

  

いくら観葉植物がステキでも、どれだけ『花がないタイプ』を選んでも、

お部屋に『緑色が増える』という宿命的な問題はどうしてもくっついてきます。

ははあ。

植物以外で緑色のものなんて、なかなかお部屋に無いですもんね。

 

【カジマグ理論】
  • お部屋の要素は『リラックスとプレッシャーの割合を2:1にする』
  • その『プレッシャー1』は、『個性』と『ハレ』で表現する。

(関連記事):おしゃれなお部屋は『2:1』のバランスで

インテリアの【個性】を考えるんだ!|『レオパレス』とか想像してみてください。|オタ活向け・おしゃれな趣味部屋の作り方

  

しかし同じ色が増えるにしても、

増えた色の『面積』によってもプレッシャーへの影響度は変わります。

茶色い家具ばっかりのお部屋に、

『四葉のクローバーが1本』あるのと『壁全面がグリーンに塗装』ではぜんぜん印象違いますもんね。

そこでこのグレビレアですよ!!

グレビレア!! グレビレア!!!

  

  

リバーシブルになっているとはいえ、本物の植物なんだから

葉によって適当にオモテになってたりウラになってたりと表情を見せてくれまして。

これ、どうやっても

勝手にほどよく緑色と茶色が混ざるんですよね!! 当たり前だけど!!

ふむりふむり。

緑色の観葉植物ばかりを束ねてボリュームアップさせると、

それに比例してどうしてもお部屋全体に占める『緑の割合』も大きくなっていきます。

   

▼植物を増やすと『緑色』の面積も増えます▼

(※画像引用元:映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』公式様より)

  

※これも超ステキですけどね。

   

ですがグレビレアゴールドを使えば、

植物のボリュームをアップさせながら、ほどよく緑色の増加を抑えてくれるんですよね!!

今回みたいな、

『飾りたいけど』『目立ちすぎも困る』という需要にはぴったりですね。

   

  

↑そもそも葉に茶色が混ざっていると、

グレビレア自体も『お部屋の茶色い家具』とリレーションしますからね。

ああ、それは良いですね。

どんなお部屋でも適当に飾るだけでリレーション成立しそうですね。

  

お部屋は『同じ要素を連動させる』:リレーションで飾れ!

おしゃれ界の叡智【リレーションの使い方】と【グッズ集めのコツ】|『relationとは?』『関係性とは?』

  

しかも普通のドライフラワーって、

緑色とかの植物の元の色が枯れて『茶褐色っぽく』なってお部屋に馴染むんだけど。

グレビレアの裏面は元からブラウンゴールドだから、

ドライにするとちょっと濃い感じのチョコレートブラウンみたいになるんですよね。

  

▼普通のドライフラワーより『茶色が濃い』▼

  

ははあ、確かに色味が濃いですね。

普通のドライフラワーって淡い色のことが多いから、

『無印良品のパイン材』とか『北欧家具のビーチ材』とかにはよく合うんだけど、

重たい茶色の『ウォールナット材』とかに合わせると、

色差がありすぎて『薄すぎて浮いちゃう』ことがあるんですよ。

色素薄子さんですね。

 

▼普通は『淡色家具』との馴染みが良い▼

    

そこで、このグレビレアですよ!!

グレビレア!! グレビレア!!!

ドライ界では貴重な『濃い目のブラウン』だから、

ウォールナットみたいな重たい色目の木材と組み合わせても違和感がありません。

   

▼グレビレアは『濃色家具』との相性バツグン▼

  

濃い目の木材がお好きな方は、ぜひ一度試してみて頂きたいですね。

白い壁ともコントラストがついて良い感じに非日常ですよ。

ははあ、言われてみれば珍しい光景かもですね。

普通のドライフラワーってこういう雰囲気じゃないかも。

グレビレアは、たしかに最前線で戦っている華やかなお花たちと比べれば

『半分茶色い地味な葉っぱ』かもしれませんが!!

  

  

①お部屋の緑色の増加を抑制する

②家具の茶色とリレーションする

③ウォールナットと喧嘩しない

……という、非常に優れた珍しい特性を持っているのですよ!!!

インテリアの仕組みをよくわかってくれている植物なんですねえ。

優しい子なんですよ、グレビレアは。

  

(※画像引用元:映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』公式様より)

  

あ、ひょっとして花言葉もそういう感じですか?

グレビレアの花言葉は『あなたを待っています』です。

めっちゃ良い子やんけ……。

      


■はなどんやアソシエ:【グレビレアゴールド】(生花)

 


■花びし:【グレビレアゴールド】(ドライ)

  

【シドニアの騎士】と【派手すぎないドライフラワー】をよろしくお願いします!!

(※画像引用元:映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』公式様より)

   

というわけで!!

アニメグッズのような自分なりのメインディッシュを引き立てるため、

『あえて地味な脇役系ドライフラワー』のご紹介でしたーっ!!!

シドニアの騎士がジャマして何も頭に入ってきません!!

   

  

もちろん、

『華やかなお花をメインディッシュにしたい』

『グリーンをたくさん飾って青々とした部屋にしたい』

……などなどの場合は無理に地味なやつ選ばなくて大丈夫でございます!!

自分自身の理想のお部屋に向けて、

都合の良さそうなものをうまく利用して頂けると幸いです!!

承知です!!!

    

(※画像引用元:映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』公式様より)

   

なお、シドニアで一番好きな武器は『重質量砲』です。

フフフ、どうでもいいです。

『グレビレアの花みたいな敵』が登場するので、よかったら見てね!

  

(※画像引用元:映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』公式様より)

  

――『身長差15メートルの恋』、

絶望人類SFアクション【シドニアの騎士】をよろしくお願いします!!

ドライフラワー何の関係もない……。

僕は、2つの使命を持ってブログを運営しています。

ひとつは『①アニメ好きの方にインテリアの楽しさを知っていただくこと』。

そしてもう一つは。

『②インテリア好きの方にアニメの楽しさを知っていただくこと』です。

インテリア好きな方にご迷惑をおかけするな。

   

(※画像引用元:映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』公式様より)

   

(※画像引用元:映画『シドニアの騎士 あいつむぐほし』公式様より)

   

▼マンガ原作▼

シドニアの騎士

▼アニメ版▼

アマプラ【無料体験あり】シドニアの騎士

U-NEXT【無料体験あり】シドニアの騎士

※本ページの情報は2021年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

   

▼その他▼

シドニアの騎士 一七式衛人 継衛改二 全高約200mm
1/100スケール プラモデル KP380R

   

   

関係ありそうな
記事

【イキってる】と思われないインテリア:観葉植物は『セーフ』です

【アウトとセーフの境界線】『イキってる』と思われないインテリア雑貨3選|必要なのは【実用性】【説得力】【必然性】

【安っぽく見えない】フェイクグリーン:造花ブランド『アスカ商会』

【安っぽく見えない】フェイクグリーンの選び方|インテリアショップで使われてる<リアルな造花>ブランドはどこ?

【フラワーベース】の選び方:アクタスの花瓶が良品です

【花瓶/フラワーベースの選び方】花瓶のサイズ選びはハードルが高い?|『ACTUS(アクタス)』のおすすめフラワーベース

2件のコメント

はじめてコメントさせていただきます。いつも楽しく記事を拝見させていただいておりますが、今回はまさに今欲しい情報がまとめられていて前のめりで読んでしまいました。
推しを愛でつつ植物の癒しも欲しい(でも虫が湧くのは嫌…)し、でもそんなにサポートアイテムの方に目立ってほしくないという我がままをドライフラワーが叶えてくれるんですね!フェイクグリーンも考えていたのですが、試しにドライの方を1,2種類飾ってみようと思いました。

それからこの記事とは関係なくて申し訳ないのですが、照明やフォーカルポイントの話などもかなり参考にさせていただいてます。すべてを同じようにマネはできませんが、基本は押さえてできる範囲でお部屋改造に勤しんでおります。段々と過ごしやすい環境が整ってきて日々楽しいです。

オタクのための断捨離やミニマルな暮らし、収納系のブログは数多く見つかるのですが、インテリアにフォーカスしたサイト等はあまりなくて(かつ、いわゆる痛部屋ではないそこそこオシャレなオタ部屋にしたかったので)こちらのブログを見つけたときの嬉しさは忘れません。
インテリアの理論やその背景のお話が対談形式でわかりやすく、時々挟まるアニメ話も知っているものが絡むと非常に楽しいです。知らない作品も興味が沸いてくるのでぜひ続けて下さい。
何よりカジマグ先生の無理は押し付けず、またこうだと決めつけない優しさを感じる語りや姿勢にファンになりました。(ときどきズバっと切り込むところも大好きです)

長々と書いてしまい申し訳ありません。これからも更新楽しみにしています。

づまま様

【様子のおかしいインテリア店】のカジマグです。
心のこもったコメント本当にありがとうございます、とってもとっても嬉しいです。

推し活では、普通のインテリア術とは少し違った戦い方になりますよね。
ドライフラワーは趣味小物と両立させやすいので、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいませ。
僕も長年サポートアイテムが目立つことに困っていたクチなので、ちまちまと見つけてきた『地味なドライフラワー』が少しでもお役に立てれば報われます 笑

他記事のご感想まで本当にありがとうございます。
優しく丁寧なお言葉からたくさん元気を頂けます。

もともとブログの運営方針として、
答えの丸暗記を強要するのではなく、読者様ご自身なりの素敵な暮らしに近づけるように、自力で試行錯誤できるための『考え方そのもの』がお伝えできたらいいなと思いながら書かせて頂いております。

『出来る範囲でお部屋改造』をされて、さらに『日々楽しい』と仰って頂けて、まさにこのブログを運営していて良かったなと感じております。

コメントでも触れて頂いている通り、
あまり多数派なタイプのインテリアブログではないため「こんな書き方で大丈夫かな……」と思ってしまうこともあるのですが、づまま様のお言葉でたくさん勇気を頂けました。これからも精進致します。

あらためまして、
素敵なコメントをありがとうございました。家宝にします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です