【2時58分の法則】:①アニメで学ぶインテリア《かくしごと》|②背景美塾MAEDAX先生の教え『描ける人の目』

(画像引用元:アニメ『かくしごと』公式ページ様より)

カジマグ先生

趣味部屋インテリアマン。150万PV突破webラノベ作家。2018年8月よりMBラボでインテリア情報を発信。なんの因果か個人ブログでオタク部屋の劇的ビフォーアフターアニメグッズの飾り方を解説することに。( twitter

【背景美塾MAEDAX先生】:『マンガ背景美術』の知識で覚えるインテリア

   

『おしゃれな人』の
▼イメージ図です▼

   

↑おしゃれな人って

何考えてんのか分からなくて超怖い!!

ファッションがおしゃれな人も怖いけど、

インテリアがおしゃれな人も同罪だと思います!!

その恐怖を少しでも和らげるため!!

僕たちは『インテリア好きって頭の中で何考えてんの?』という秘密を日々言語化しているわけですが!!

    

\ 怖くないよ /

  画像引用元:インテリアショップ《リグナ》様より
 
 画像引用元:インテリアショップ《リグナ》様より
 
画像引用元:インテリアショップ《リグナ》様より 

   

「普通に怖いが……」

    

本日は、ひょんなことから

面白い言語化をお見かけしましたので共有させて頂きます。

その名も《2時58分の法則》

発信されているのは、背景美塾のMAEDAX先生だーッ!!

ホッホーウ!!

   

▼背景美塾『MAEDAX先生』▼

画像引用元:アシスタント背景美塾MAEDAX派公式様より

   

また怪しい人物じゃないですか!!

別のタイプの怖さじゃないですか!!!

口を慎みなさい!!

世の中って実際はね。

ホンモノの詐欺師の方が『爽やかな好青年』を演じているものなんですよ。

MAEDAX先生が『爽やかな好青年』じゃないみたいな言い方やめろ。

  

『マンガの背景』を上手に描く講座の
▼塾長をされています▼

画像引用元:アシスタント背景美塾MAEDAX派公式様より

  

ご存じない方もおられると思いますが!!

MAEDAX先生は『漫画家アシスタント』として超有名な方でございます!!

『かってに改蔵』『かくしごと』の久米田康治先生や、

『ハヤテのごとく!』『トニカクカワイイ』の畑健二郎先生のもとでご活躍されていた方ですよ!!

めちゃめちゃ大御所の先生方やんけッ!!!?

    

▼『さよなら絶望先生』オープニング▼

  

↑『さよなら絶望先生』のオープニング等に、

しょっちゅう登場する実写のスキンヘッドの方がMAEDAX先生ご本人です。

『久米田先生つながりで』ってこと!?

……ずっと前から存じてましたわ、MAEDAX先生。

    

背景美塾のマスコットキャラ
▼『ビジュちゃん』▼

画像引用元:アシスタント背景美塾MAEDAX派公式様より

  

↑なんなら背景美塾のマスコットキャラクター、

『ビジュちゃん』も畑健二郎先生が生みの親らしいですよ!!

当ブログはビジュちゃんを応援しています!!!

早い早い早い。外見がタイプだっただけでしょ。

  

当ブログは
▼背景美塾『ビジュちゃん』を応援しています▼

画像引用元:アシスタント背景美塾MAEDAX派公式様より

   

それではさっそく解説に参りましょう!!

背景美術の世界で考案された《2時58分の法則》につきまして!!

インテリアと関連させながら見ていきましょう。

そういうブログだから仕方ないけど無茶苦茶やな……。

マンガの背景って、

よくよく考えると『住まい・暮らしのビジュアル』と密接な関係なんやで。

   

《参考文献・元ネタです》

なるべく『動画準拠』で記事を作りましたので
▼よかったらご参考に▼

https://youtu.be/ag4_tslCXh4

   


当ブログは『青髪・ジト目』を応援しています》

【アニメで学ぶインテリア】:日本と西洋インテリアの違い

【無職転生】クラウン法でロンデルガラス|西洋インテリアと日本インテリアとの違いとは?【異世界行ったら本気だす】

【フィギュアで学ぶインテリア】・雑貨のおしゃれな飾り方

【サーニャで実例】:雑貨屋のディスプレイ技術《リフト》|ストライクウィッチーズで『美少女フィギュア』の飾り方レビュー

  

【2時58分の法則】:描ける人・おしゃれな人には『何が見えてる』?

  

インテリア業界の時計は
▼『シンプル』が基本です▼

タカタレムノス|カンパーニュ

  

なにはともあれ、

まずは《2時58分の法則》の意味を理解しましょう。

僕が発明した言葉じゃないですし、

勝手にもったいぶるのもアレなんでね。

インテリア情報の発信者さんって、

昔っからある知識を『ついに私が発見しました!』って言いがちだけどね。

みんな副業ブームで大変なんや……。

   

▼時計をご確認くださいませ▼

  
「……?」

    

↑これ、何時だと思います?

2時55分ですね。

ううーむ!!! 正解!!!!

ナメてんの?

  

▼『2時55分』を表しています▼

  
「言われてみれば2時55分かも……」

   

↑これを読めるのは、本当はすごいことなんです。

時計のことを何も知らないヒトが見たら

『3時11分』とか『11時3分』って答えますよ。数字でそう書いてあるんだもん。

あ、ああーっ!! そっかそっか、それはそうね!!

  

数字だけ見ると
▼『3と11』あたりを指しています▼

  
「どういうことなの!」

    

↑これを難なく読み解けるのは、

『短針が3』なら3時ですよ、

『長針が11』なら55分ですよという、

時計のルールをあなたが知っているからなんです。

これが分からないまま時計を眺めていても、

ひたすら何も分からないまんまになっちゃいます。

それはそうですね。

   

絵が描ける人・おしゃれな人は
▼『見えてる物』が違います▼

  

ルールが分かるようになると何が嬉しいか?

次は『楽しさ』が分かるようになるんです。

んんんんん? どゆこと?

おじいちゃんがテレビで野球中継とか映してて、

なんかずっとボールが飛んだり人が走ったりしてるのフーンって横から見たって何も面白くないでしょ?

おじいちゃんに失礼だと思うけど、まあ分かります。

    

  
「何してるシーン?」

  

でも『野球マンガ』とか読んでてさ。

弱気の主人公ががんばって練習して、

憎~いライバル学校と試合になって、

あと1点で勝てるときのボールが投げられる瞬間なんてドキドキしちゃうでしょ?

手に汗握っちゃいますね。

  

《関連記事》

【野球で覚えるインテリア】:家具の選び方は『攻・守・走』

【インテリアの攻・守・走】:家具の選び方は『見た目』『便利さ』『お値段』の3すくみ|《おおきく振りかぶって》で家具解説

   

『何を目標にしていて』、

『何が起こったら成功で』、

『今はどんな状況なのか』、

……これが分からないと何だって面白くないんですよ!!

逆に言うと何だって、

ルールが分かれば面白くなる可能性を秘めているんです!!

ふむ。

  

ルールが分かって
▼初めて見えてくるものがあります▼

 画像引用元:インテリアショップ《リグナ》様より
  
「まだ何も見えないけどね」

  

面白さが分かることで、

野球なり何なりを大好きになっちゃうと次にどうなるか?

いわゆる『ハマった』状態ですね。

色々調べて知識を集めたり、実際に練習したりしちゃうかな。

その通り。

好きっていうのは『もっと知りたい』原動力なんです。

 

【好きなキャラを】おしゃれに飾ろう!:美少女フィギュアの飾り方

【めんまで実例】:雑貨屋のディスプレイ《△構図》|美少女フィギュアのおしゃれな飾り方|オタクの趣味部屋インテリア解説

    

①好きなものは、もっと知りたくなる。

②詳しくなると、もっと好きになる。

③もっと好きになったから、さらにさらに知りたくなる。

……最高の正のスパイラルが生まれてくれるんですよね!!

学校の『丸暗記のテスト』を覚えるのは苦痛だけど、

擬人化ソシャゲにハマったら余計なことまで覚えちゃうでしょうが!!

『艦これ』も『ウマ娘』も同じですなあ!!

  

【ソシャゲで学ぶインテリア】:『余計なこだわり』を大事にしよう!

【視線リレーション】:コトブキヤ《響ちゃん》で覚えるコレクション棚の飾り方|艦これフィギュアで『ディスプレイ西海岸風』

  

『興味ないもの』をどれだけ丁寧に解説されてもスルーしちゃうけど、

『好きなもの』はヘタな解説でも必死でかじりついて勉強したりしますもんね。

何かの勉強をするとき、

『興味を持つこと』『好きになること』っていうのは本当に本当に大切なんです。

      

画像引用元:おおきく振りかぶって公式様より
  
「ちょっと興味出ちゃったかも……」

  

①ルールが見えれば興味が出る。

②興味が出たら好きになる。

③好きになったら詳しくなれる。

だから『まずはルールが見えるようになろう』

……というのが《2時58分の法則》の趣旨ですね。

今んとこ《2時55分の法則》だけど大丈夫ですか?

まだ終わってないから大丈夫よ……。

  

まずは『読み方』が
▼分かるようになりましょう▼

 
「これは2時55分!」

  

情報発信者がするべきことは、

知識の押し付けじゃなくて『まずは好きになってもらうこと』

これ僕のポリシーの一つなんですが、

MAEDAX先生も著書で似たようなことお話されていて感激しましたよ。

ぜんぜん違う業界なのに、そんなとこ一致するんですね。

   

▼参考文献▼

アシスタント背景美塾|MAEDAXの背景萌え!

      

  

無料サンプルページ
▼『はじめに』より一部引用▼

よく、「マンガの背景が上手くなるには?」と聞かれるのですが、
答えはやっぱり好きになること、”萌える”ことだと考えています。

皆さんが何かに興味を持つきっかけになったときを思い出してください。
誰かがすごく熱く語ってくれたり、面白さを伝えてくれる人がいたことがあるのではないでしょうか。

好きとの出会いとは、その対象の面白い切り口を知れることなんです。
興味をより深く掘り下げたくなるそれが好きということなんだと思うんです。

△引用おわり△

   

   

《関連記事》

【好きなキャラを】おしゃれに飾ろう!:アクスタのおしゃれな飾り方

【うめともものふつうの暮らし】:まんが王《特典アクスタ》をおしゃれに飾ろう!|アクリルスタンドのインテリアディスプレイ

【ソシャゲで学ぶインテリア】:『趣味部屋』のおしゃれな飾り方

【アニメで学ぶインテリア】おしゃれな趣味部屋の作り方|オタク部屋でもオシャレとツインターボを諦めない|プリティーダービー

   

【体験してみよう!】:インテリア好きが見ている世界《家具のルール》

 

▼ドサクサで飾ってみました▼

   

時計のルールを知ってる人は、

『今が2時55分だ』と理解できますが!!

知らない人は『読み方』も『楽しみ方』も分からない!!

これと同じことが、

『漫画の描き方』だったり『インテリアの作り方』だったり、色んな世界で言えちゃうわけですね。

    

インテリア好きには
▼『何が見えてるのか』を体験してみましょう!▼

   

こじつけっぽく聞こえるけど、

そりゃまあ、ありますよね。

『インテリアのルール』を知っている人には、

お部屋の写真がどう見えているのか?

これをカンタンに体験してみましょう!!

    

せっかくなので
▼久米田先生の作品から▼

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より
  

かくしごと(1)

    

   

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

   

↑例えばこちらのお写真。

インテリアがちゃんとしてることで

僕の中で有名な、アニメ《かくしごと》の1シーンでございます。

この、まんちくしょうが!!!

  

主人公のマンガ家
▼『後藤可久士』先生の仕事場です▼

画像引用元:後藤可久士キャラクターPV公式様より
  
画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

  

インテリアカタギの方がこのお部屋を見た感想は、

おそらく「すご~いオシャレ~」くらいの感じだと思います。

そんな感じでしょうね。

「天井の照明かっこいい~」「こんなお部屋で働きた~い」「でもギャグ漫画家はちょっと……」くらいの感想かな。

後藤先生のお仕事にケチをつけるのは許しませんよ……。

   

後藤可久士先生と
▼アシスタントさん達▼

画像引用元:『劇場版かくしごと』公式様より
  
画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より

  

だけど、インテリアの勉強をしてきた方は

見えるものが違うはずです。

これまでの記事によって、

実際に何が見えるようになったでしょうか?

まずは照明かな。

インテリアの基本《適材適照(てきざいてきしょう)》

   

▼照明が『多灯』です▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

  

ですね。

天井が『シーリングライト1灯』ではなく、

『傘付きペンダント3灯』にしてあります。

インテリアは影が命なのでね。

自然光が届かない『奥』と、明かりを傘にさえぎられた『天井』に影ができるようコーディネートされてるわけですね。

『薄暗い方がおしゃれ』だけど、

『明るい方が便利』だから、

仕事のジャマにならない場所に影を作る……ですね。

  

奥・天井に
▼『影ができる』照明計画です▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

《対応記事》

【おしゃれな天井照明は】:『わざと影を作る』仕様になってます

【悩んだらコレ!】:『あえてオシャレな』リビング用シーリングライト比較レビュー|評判のアートワークスタジオ天井照明グロー

      

カメラワークも意識されてますよね。

『目立つ場所』『死角』の区別がしっかりされてます。

その通り!!

お部屋の第一印象は《入室時》に決まります!!

お部屋に立ち入った瞬間の視点から、

目立つフォーカルポイントに『ディスプレイ棚』を配置して

死角になる場所に『見せたくない実用品』を配置する。

   

▼フォーカルポイントに▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

▼ディスプレイコーナー▼

画像引用元:『かくしごと』ノンテロップOP映像公式様より

  

《対応記事》

(画像引用元:プリンセスコネクト!Re:Diveプレイ動画より)
  

【プリコネで覚える】:お部屋の『フォーカルポイント』

【プリコネで解説】:インテリアショップの技術《フォーカルポイント》|美食殿のギルドハウス②コッコロちゃんは今日も可愛い

   

   

▼死角になる場所に『実用品』▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

 

《対応記事》

(画像引用元:プリンセスコネクト!Re:Diveプレイ動画より)
  

【プリコネで覚える】:お部屋の『カメラワーク』

【お部屋の1カメ・2カメ】:コッコロちゃんの視線で学ぶ『家具の配置』|アニメインテリア《プリコネR・美食殿ギルドハウス》

  

基本に忠実で、

非常~に理にかなった家具の配置になっていますね。

ディスプレイと言えば《アートの配置》もいいですね。

アートを飾るなら『家具の上』、

アートを飾るなら『ちょい低め(145cm)』、

アートを飾るなら『線』を意識して。

   

▼アートを飾るなら『家具の上』▼

画像引用元:イデー公式様より

   

▼アートを飾るなら『ちょい低め(145cm)』▼

画像引用元:イデー公式様より
  

『家具の上』で『ちょい低め』に
▼なってます▼

画像引用元:『かくしごと』ノンテロップOP映像公式様より
  
画像引用元:『かくしごと』ノンテロップOP映像公式様より

   

うんうん、なってますなってます!!

ちょっとびっくりするレベルですよね。

もともと

『マンガ家だとバレないようにオシャレな仕事場で働いてる』ってストーリーなんだけど、

ここまで『本当にインテリアに誠実』なお部屋はなかなか見ないです。

  

▼アートを飾るなら『線』を意識して▼

画像引用元:イデー公式様より
  

 

ちょっと弱いけど
▼『線』が成立しています▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

   

↑いや~、マジですばらしいですね!!

まだまだありますよ!!

もう駆け足で進めますが、たとえば作業デスクは足を細くして『床面積を確保』!!

だけど

部屋で一番高級な家具『後藤先生の机』はハレのプレッシャーとしてドッシリと強調!!

  

真ん中の作業デスクは
▼『床面積の確保』重視▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

  

お部屋の主役になるデスクは
▼『存在感』重視▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

   

↑アニメ絵なので断定はできませんが、

おそらく後藤先生のデスクは良い木使ってると思いますよ。

なんとなくそんな気しますね。

あとは素材感の統一で《リラックスの確保》、

同じ色のワークチェアを使って《リレーション》などなど。

   

カタチや色など
▼『要素をリンクさせる』のがリレーションです▼

画像引用元:インテリアショップ《リグナ》様より 

  

『アイアン+木』を
▼繰り返してリレーション▼

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より
  
画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

   

    

『赤いチェア』を
▼繰り返してリレーション▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

   

《対応記事》

【インテリアの超基本】:《リレーション》を覚えよう

【趣味部屋の神髄はリレーション】:プロのテクニックを使って『家具・雑貨』『アニメグッズ』の魅力を限界まで引き出そう

    

とまあ。

一つ一つ深堀りしていくと日が暮れちゃうので超ザックリになりますが、

けっこう見えるようになってるでしょ?

ぜんぶ自力で気づけたわけじゃないけど、

言われたら「ああ」って分かるくらいには理解できるようになりましたね。

これが、いわゆる『ルールが見えてる』状態です。

   

『描ける人の目』
▼『インテリア好きな人の目』です▼

画像引用元:『かくしごと』ノンテロップOP映像公式様より

   

一度この視点を手に入れると、

いろんなお部屋を見れば見るほど経験値が貯まるようになるし、

自宅で実践してさらに経験値を貯めることもできる。

そんで経験値が貯まったら、実力が増えてさらに面白くなるわけだ。

まさに『正のスパイラル』ですね。

   

マンガを描くのが『さらに楽しくなる』
▼インテリアを見るのが『さらに楽しくなる』▼

画像引用元:『かくしごと』ノンテロップOP映像公式様より

  

逆に言うと、ルールが見えないうちは

SNSでおしゃれな写真に『いいね』ばっかりしてても経験値にならんのですよ。

コラーッ!!!

苦情がきますよその指摘はーッ!!!

マンガ読むだけで、マンガ描けるようにはならんのです。

自分なりにマンガを勉強したり描いたりした経験があってこそ、

『その視点で』ひとさまの漫画を読んだときに大きな経験値になるんです。

  

▼漫筋を鍛えましょうね▼

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より

     

まずは『視点』を手に入れられるように努めましょうね。

当たり前のことばかりなんだけど、

『センスが無くてもすぐオシャレになれる!』みたいな煽り文句に慣れてるから厳しく感じますぜ……。

天才じゃなかったら努力で補うのは漫画もインテリアも同じやで……。

   

『見え方』の体験
▼お疲れさまでした!▼

画像引用元:『かくしごと』後藤可久士キャラクターPV公式様より

    

《関連記事》

【145の法則・ゴールデンゾーン】:アートの飾り方『全部盛り』

【145の法則・ゴールデンゾーン】:ぜんぶ解説『アートのおしゃれな飾り方』|ポスター・絵画をセンスよく見せる配置と高さ

『見せる収納』『隠す収納』の違いを分かりやすく

【《見せる収納》と《隠す収納》の違い】を分かりやすく:本当は『見せたらステキな収納方法』『隠したらステキな収納方法』

  

アニメで学ぶ【2時58分の法則】:お部屋の『見えないルール』を読み取ろう

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より

  

それでは!!

最後のシメに《2時58分の法則》に戻りましょう!!

『見え方の体験』、おつかれさまでしたー!!

     

▼少しだけ針を動かします▼

 
「ちょっと進んだ?」

   

↑ではこれは何時でしょう?

長針も短針もどの数字も指してないけど『2時58分』ですね。

そう、何の数字も指してないけど時間を読み取れますよね。

   

近くにある数字も
▼ぜんぜん『2:58』になりません▼

  
「いいかげんにして!」

   

さきほどのお部屋を見て、

「天井の照明がカフェっぽくておしゃれ~」

「真ん中の机が木製でおしゃれ~」って、

言いたくなる気持ちも分かるんですが、

それは見た印象をそのまま喋ってるだけなんですよ。

『いいね』押してるだけの状態ですね。

   

「あのランプおしゃれ~」は
▼仕組みの話ではありません▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

  

『カフェ風』『木製』『おしゃれ』

……みたいな単語だけ覚えた猿ってことですね。

言ってない言ってない言ってない!!! そこまで言ってない!!!

   

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より

   

ですが先ほどの通り、

→『影を作るための照明選びをしている』

→『入室時の視線を計算して家具を配置している』

→『関係性のある家具で統一感を出している』

……みたいなのは、ただ見たまんまの話じゃないでしょ?

まさに『部屋の中に仕込まれたルール』を

逆算して見抜いてる感じですね。

その通り。

  

時計の『ルールそのもの』を
▼読み取っている状態です▼

 

   

インテリアも『ルールそのもの』を
▼読み取れるようになりましょう!▼

▼適材適照▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より
  
   

▼フォーカルポイント▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より
  
   

▼死角・カメラワーク▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より
  
  

▼ラインで配置▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より
  
  

▼色と形のリレーション▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より
 

  

目に見えてない『仕組みそのもの』まで解き明かせてはじめて、

『ルールが本当に理解できてる』状態です!!

知識がないままだと

『物件の力』とか『カメラの力』にすぐ騙されちゃうんですよね!!

   

いいかげんな情報
▼ダメ、ゼッタイ!▼

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より

  

『より良く見せる』のは悪いことじゃないんですが、

『自宅で再現したい』のならちゃんと見抜きたいところですね。

ういうい。

    

▼背景美術も同じです▼

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より
  

  

同様に、背景美術の絵を見て

「なんか良い感じ~」

「なんとなく違和感がある家だね~」って、

見た目の感想を言うのは簡単ですが、

それだけでは自分で再現できないのです。

ああ!!

そっちが本当の『背景美塾の』2時58分の法則なんですね!!

パースやアイレベルなど、

『どんなルールで描かれているから素敵』なのかが見えるようになって初めて、本当の意味で絵を理解できているんですよ。

  

   

マンガもインテリアも!!

答えの丸暗記だけでなく、2時55分だけでなく、

《2時58分》まで理解できるようにがんばりましょうね。

難しそうに感じるけど、

時計だってセンスで読めるようになったわけじゃないんですよね……。

  

この違いが見分けられるのは
▼本当はすごいことです▼

   

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より

   

なんなら55分と58分なんて、

『針の角度』だけ見たら超微妙な違いなのに読解できてるわけですからね。

僕たちにとっては当たり前だけど、

時計知らない人が見たら「すげえ!」「どうやって解読してんの!」「神!」ってなりますよ。

背景美術もインテリアも、

『微妙な角度の違い』が実は意味を持ってたりしますもんね。

それを見抜けるようになると、

ビギナー様には『まるで神みたい』に感じられるってことですよ。

   

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より
  
画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

  

読み取れるからこそ、再現できる。

同じお部屋からよりたくさんのルールを読み取れるよう、

がんばって視点を養いましょうね。

うやいやいやい。

  

《関連記事》

【インテリアの最新トレンドを】:『追いかけなくていい』理由

【2022年】インテリアの最新トレンドを《追いかけなくて良い理由》|初心者向け『ジャンルの歴史一覧』『流行解説』

【アニメで学ぶインテリア】:『新築』『リノベ』じゃなくても大丈夫

【アニメで学ぶ】:《①インテリアはファッション》《②リノベは整形》《③断捨離はダイエット》|その着せ替え人形は恋をする

  

アニメで学ぶ【2時58分の法則】:MAEDAX先生の講座もよかったら!!

 

▼勉強おつかれさまでした!▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

  

というわけで!!

『背景美術の2時58分』『インテリアの2時58分』さえ読み取れるようになれば、あとはどんどんうまくなる!!

正のスパイラルにのって

じゃんじゃん上達しちゃいましょうというお話でしたー!!

ものごとの上達には、

『興味』と『見る目』が大切ですなあ!!

マンガの筋力《漫筋》ならぬ、

インテリアの筋力《イン筋》を身に着けましょう!!

その語感はちょっと。

  

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より

    

色々とむずかしいお話もしましたが、

ぶっちゃけ雰囲気だけでもお伝えできたら幸いでございます。

最初にもちょっと話題にしてたけど、

こまかい知識なんて好きになった後に勝手についてきますわな。

つたないブログですが、記事を通して

少しでも『インテリアの面白がり方』を見つけるお手伝いが出来たら嬉しいですね。

最後になりましたが、

もしもマンガの背景に興味がある方おられましたら、『MAEDAX先生の講座』もぜひご検討下さい。

インテリアブログの読者さんに何紹介してんの?

   

▼唐突な宣伝が読者様を襲う▼

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より

  

まったく畑違いの僕が勧めるのもナンなのですが、

MAEDAX先生は『分かりやすく説明しよう』『再現できるように説明しよう』という意識がある方です。

どんな業界だとか関係なく、

この意識があるだけで超レア人材ですので、よかったらチェックしてみて下さいませ。

人材不足過ぎるやろ、世の中……。

  

めちゃくちゃ面白かった
▼動画です▼

マンガのコマ割りを調整する『実演』

https://youtu.be/_yBj7F5rk5w

  

②『部屋の中』にキャラを配置するコツ

※当ブログは、MAEDAX先生から1円もワイロを受け取っていません。

   

そしてそして!!

マンガ背景だけに興味をお持ちの方も、いつか気が向いたらインテリアの世界に触れてみて下さいませ!!

そんな人はそもそもこのブログ読んでないですけどねえ!!

   

それどころじゃなかったら
▼無理しなくて大丈夫です……▼

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

   

言葉で説明するんじゃなくて描写で感じ取ってもらう演出技術のことを、

小説の世界では『シャレード』、インテリアの世界では『トンマナ』と呼びます。

これをマンガの世界で何というのか不勉強で存じておりませんが!!

おそらく似たようなテクニックは存在するだろうと思います!!

ないかもしれませんけどねえ!!!

  

画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より
 
画像引用元:『劇場編集版 かくしごと』予告公式様より

  

マンガの背景を描くとき、

お部屋の微妙な書き分けでキャラクター性を表現できる機会があるかもしれませんので!!

ないかもしれませんけどねえ!!!

うちのブログじゃなくて構わないので、

機会があったらぜひ『インテリアの世界』に興味を持っていただけたら幸いです。

ではでは、本日はこんなところで!!

みなさまご清聴ありがとうございましたーッ!!

ステキな趣味部屋生活を!! バイバーイ!!!

   

読んで頂いて
▼ありがとうございました!▼

画像引用元:TVアニメ『かくしごと』公式様より

 

▼《アシスタント背景美塾》様▼

画像引用元:アシスタント背景美塾MAEDAX派公式様より
  

アシスタント背景美塾MAEDAX派『公式ページ』

アシスタント背景美塾MAEDAX派『Youtubeページ』

   

  

▼かくしごと漫画原作▼

かくしごと(1)

   

  

▼アニメ版▼

▶アマプラ【無料体験あり】:かくしごと

▶U-NEXT【無料体験あり】:かくしごと

※本ページの情報は2022年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

    

  

当ブログは《畑健二郎先生》も
▼応援しています▼

トニカクカワイイ(1)

  

  

▼アニメ版▼

▶アマプラ【無料体験あり】:トニカクカワイイ

▶U-NEXT【無料体験あり】:トニカクカワイイ

※本ページの情報は2022年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

    

  

  

関係ありそうな
記事

【オススメあやしい人物】:インテリアショップRigna『村野さん』

【プロの知識が無料】:『業務用インテリアセミナー』を個人ブログで簡単レビュー|家具・雑貨屋《Rignaリグナテラス東京》

【アニメで学ぶインテリア】:『仕組み』が分かれば怖くない!

※閲覧注意※【見える子ちゃん】で覚える『インテリアの恐怖』|家具の不安を克服しよう《アニメで学ぶ趣味部屋・オタク部屋》

【アニメで学ぶインテリア】:暗黙のフォーマット《トンマナ》

【あの花で覚える:トンマナ】美少女フィギュアの『おしゃれな飾り方』|オタクの趣味部屋インテリア・アニメグッズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です