恥も外聞もなくプロの【リレーション技術】を盗むんだ!!|リレーションの使い方・実践編

(画像引用元:【IDEE公式】我が家で過ごすクリスマス

カジマグ先生

インテリアマン。140万PV突破webラノベ作家。2018年8月よりMBラボでインテリア情報を発信。好評を受けYouTubeも開設。順風満帆に見えたが、なんの因果かオタク部屋の劇的ビフォーアフターを始めることに。 (twitter)

【アート・雑貨の飾り方】さあ、自分のお部屋で『好き』を具体化するのです!!

さあ【リレーション】の続きです!!

ガチインテリアの世界でも、オタクグッズ集めの世界でも、

非っっっっっ常に重要になってくる概念、【リレーション(関係性)】を理解しましょう!!!

がんばりますっ!!

 

<ブログ前回記事>

オシャ界の叡智【リレーション(関係性)】と【グッズ集めのコツ】

 

基礎の部分は前回お話させていただきました。

『関係性のあるモノ同士』を集めてやると、オシャ度にボーナスポイントがつく。

これがリレーションです。

だけど、モノが持っている属性は一つじゃないから、

色んな要素同士でリレーションをさせることができるんでしたね。

 

IMAGINATION WORKS ドラゴンボールZ 孫悟空

  

その通り!

同じ悟空でも、となりにベジータしか置いちゃダメなわけではありません。

『週刊少年ジャンプのキャラ』とリレーションさせることもできれば、『オレンジ色の道着のキャラ』とリレーションさせることもできるわけです。

だからこそ、

『自分自身が何を好きなのか』、しっかり自己分析をしておくと良いんですね。

バッチリです!

自分の『好き』を細分化して理解できるほど、

より高精度なリレーションが狙えます。

なんでもかんでも『かわいい~好き~』とか言ってる場合じゃないんですよ!

どこがどう好きなのか分析するのです!!

なんかヤだな!!

ていうかさ!!

先生はそんなこと言って、自分の好みちゃんとわかってるんですか!!

水色ロング髪+半眼、萌えマトリクスは『美人・幼い』、性格は真面目スベリ系、ちょっと人間じゃないくらいが丁度いい。

ですね!!

実家に帰らせていただきます。

誰だって真剣に分析したらこうなるって!!!!

【萌えマトリクス】

萌えキャラを『美人系・かわいい系』の横軸と、『大人びた系・幼い系』の縦軸という2軸で大きく四分割して属性を判断するという失礼なメソッド。

バカな男子同士で萌え談義をするときに大変便利な概念だが、女性がイケメンを語るときにも応用できる。

 

(引用元:『くだらない研究所』様の【例のマトリクス】ジェネレーターを使用させて頂きました)

   

 

【アート・雑貨の飾り方】あなたは、どれだけのリレーションが見えますか?

さて、リレーション!!

これをインテリアに応用していきましょう。

一般の家具や雑貨に『ドラゴンボールの登場キャラ』みたいな設定はありませんから、もっと普遍的な要素から関係性を抽出しなければなりません。

  

 

さっそく実例を見てみましょう!!

IDEEさんの公式ページからお借りしましたこちらのお写真、

リレーションの宝庫です。

こいつを元に、

『何と何とが、どんな関係性を持っているのか』見てみましょう!!

え? え?

これってアイテム同士が関係してるの?

してます。

目を皿にして見るのです。

 

 

え、ええっとー……。

『グレー』のアイテムを使ってる?

正解!! 良いですね!!

他にもありましたら、どうぞ!!

他に!?

 

 

えっとえっと!

……アレだ、『クリスマス』!!

素晴らしい!!

こちら、間違いなくクリスマスという関係性でコーディネートされていますね!!

……。

……他には?(ニコリ)

いや、もうわかんないよ!!

早く答え教えてくれ!!!

 

【アート・雑貨の飾り方】想像以上に出てくると思います。『家具・雑貨に目を凝らせ!』

 

それでは、

ここから『僕が見えた関係性』を羅列していきます。

ぶっちゃけ、全部あってるかどうかは

『コーディネートしたご本人』にしか分からないのですが、狙いを逆算することでまぁまぁの精度で特定することはできます。

ていうか、そんなにリレーションってあるものなの?

あるある。

いいからいきますよ!

 

 

まずは、わかりやすいところから。

『カタチ』のリレーションですね。

あ! 四角がいっぱいある!!

もうちょい言うと、『カドが直角の』四角ですね。

デザイン同士に関係性を作ってあります。

ちなみに、『アイボリーの直線』という括りにすると

左の棚がリレーションから外れて、右上の『ぶらさがりボンボン』が仲間に加わります。

ホーッ!

 

 

お次がこちら、『色』のリレーションですね。

先程のグレーもまぁそうなんですけど、

こいつらの『色モノはクリスマスカラーで統一』は、けっこう強烈にリレーションしてます。

ああ、そうか!!

『赤と赤』とかだけじゃなくて、部屋全体のアイテム同士をクリスマスカラーにしてあるんですね!!

  

 

ちなみに、クリスマスつながりで

アートの中に、こっそりトナカイ仕込んであるのも心憎い演出ですね。

これも『クリスマス』って概念とリンクしてますね!

 

 

さらにこちら。

『クリスマスツリーは木である』という属性から連想して、木にまつわるアイテムが多数配置されています。

ああ! 『丸太』とか『木の実』ですね!!

これちょっと写真は見切れちゃってますけど、

お部屋のもっと左の方に『本物の木』とか『ツリーのオーナメント』とか『ガーランド』とか飾ってあって関係性が強化されてます。

 

 

んで、今度は

『トナカイは動物である』という視点から、動物アイテムでリレーションさせてあります。

ちょっと待ってよ……そんなに仕込んであるの……信じられない……。

 

 

あと、個人的に面白いと思ったのがコレ。

まず壁のアートにご注目ください。

『ヒョロヒョロ緑のアート』と、『黄色いお花のアート』とを横に並べて飾ることで、

ひとつの茎と花みたいになってるんです。

なってます! これ、本当にそう見えますよ!

これ緑のヒョロヒョロは、本当は『山の絵』なんですけれど。

視覚的には、テーブルの本物のお花とリンクしてちゃんとリレーションに見えます。配置の妙ですね。

こういう、

本当は関係ないんだけど、それらしく見立てて視覚効果を演出することを

【見立てリレーション】といいます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Natasha Meininger(@natashas.home)がシェアした投稿

 

↑別のお部屋ですが、こちらの例では

レコード盤を『数字のゼロ』に見立てて配置されてます。

ああああ!

となりに『1』を配置してるから、そう見えるんですね!!

上級テクニックではありますが、うまく仕込むとドヤいです。

チャンスがあれば狙っていきましょう。

 

  

あとは、『冬リレーション』ですね。

ブランケットとか、毛足の長いラグとか。季節感を感じさせる要素が多いです。

最初はちょっと

「クリスマスだから色々と連動して自動的に冬っぽくなったのかな~、判断しにくいな~」って思ってたんですけれど。

 

 

よくみるとクッションが『冬景色の柄』でした。

意識的にやってらっしゃるっぽいですね。

ほーん! ほーん!

 

   

 

そしてこいつが、僕が気づけなかったやつ。

『リンゴのシルエット』という、いわば『リンゴ概念』のアートに

『赤い』ソファを合わせるという高等テクニック。

アート上のリンゴのシルエット自体はモノトーンなんですけれど。

リンゴなんだから『赤』と関係性があると連想できるので、見たときの印象としてはリレーションが成立するわけですね。

自分で気づけないのに、なんでわかったんですか?

リグナの村野さんが、直々に教えて下さいました。

 

 

お忙しい方に

ご迷惑おかけするんじゃないよ、もう!!!

めっちゃ、ありがたかった。

お手数おかけしてすみません!!

この人、すごく感謝しているそうです!! ありがとうございました!!

 

【アート・雑貨の飾り方】リレーションはインテリアの裏技的なテクニックなんだ!!

というわけで!!

【リレーション】は、

モノが持つ色~んな要素同士を関係させることで、複雑に『リンクしてる感』を出すことができるのです!

それすなわち、オシャ度のボーナスポイントというわけですね。

正直、こんなにあるとは思いませんでした……。

そしてこの

『リンクしてる感』や『オシャ度のボーナスポイント』というのは、いくら稼いでも

お部屋のリラックス度に悪影響を与えません!!

【カジマグ理論】
  • お部屋の要素は『リラックスとプレッシャーの割合を2:1にする』
  • その『プレッシャー1』は、『個性』と『ハレ』で表現する。

もし仮に!

クリスマスツリーのとなりに、サンタさんのフィギュアを配置していたとして!!

普通にみなさんが見ればリレーションが成立していますが、

もしも【クリスマスという文化をまったく知らない人】が見ればリレーションは感じられません。

ですが、この前者と後者とでは、

お部屋に配置してある情報量や色数などに一切違いはありません!!

おおお!! たしかに、見る人が違うだけですね!!

リレーションの成立・非成立が、リラックス・プレッシャーと連動してないっ!!

リレーションは、それを見る人が感じられる関係性

盛り込めば盛り込むほど『プレッシャーを増やさずにハレ感だけをアップ』させることができる裏技です!!

マジですかっっっ!!

発想次第で、その効果は無限大!!

ぜひぜひ、自分なりの個性を使って

リレーションを攻略してください!!

チャレンジしてみますっっっ!!!!

 

  

《続きの記事》

『リレーション』ルート

リレーションの奥義:【アンカー】を習得するのです!!

『アニメで学ぶ』ルート.

【プリコネ】:目立たせたいものは『フォーカルポイント』に置け!!

【天空の城ラピュタ】:『ヴォイド装飾』は非日常

  

ブログ記事

【リレーション】シリーズ

『趣味グッズの集め方』リレーション・関係性を覚えよう!

『趣味グッズの飾り方』プロの実例からリレーションを盗もう!

(※今回のブログ記事がコレです)

『趣味グッズの飾り方』リレーションのアンカーを活用しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です