【スマートLEDおすすめ3選】『フィリップスHUE』『IKEAトロードフリ』『エジソンバルブLED』各電球比較レビュー

カジマグ先生

インテリアマン。140万PV突破webラノベ作家。2018年8月よりMBラボでインテリア情報を発信。好評を受けYouTubeも開設。順風満帆に見えたが、なんの因果かオタク部屋の劇的ビフォーアフターを始めることに。 (twitter)

【スマートLED比較レビュー】おしゃれ照明って格好いいけどお高いんですよねッ!!

  

▼【様子のおかしいインテリア店】本部▼

(※プライバシーに配慮し画像はイメージです)

  

というわけで!!

ながらく続けてまいりました『照明シリーズ』!!

そろそろ知識が身に付いてきたのではないでしょうか!!

 

▼【電球・照明】シリーズ記事▼

【照明に興味がない人】に捧げる【明かりの世界】

インテリア照明のキホン【一室一灯】【適材適照】を知ってますか。

ヒトが照明に感じる原初の気持ち【どうして空は蒼いのか】

【陰影リラックスの稼ぎ方】【傘付きペンダントランプ】の本当の使い方

 

 

そんなに知識、身に付いたかなあ。

いまいちど!

最初の、あのアレのやつを見るのです!!

  

 

お部屋のフンイキが、

3000円のライト一個で、どうしてこんなに変わってしまうのか!

今ならだいぶ説明できるようになっているのではないでしょうか!

あ、ああ~……。

ヤベ。たしかにそうかも。

ヤバくないです。いいことなのです。

 

  

ええと、まず大前提として『暗いほうがリラックス』なんですよね。

びっくりしました。

その通り!

明るいと便利ですが、やみくもに明るさだけを求めていてはオシャ部屋になりません!!

  

※『暗さ』に意味があるのがインテリアです。

  

どんなものでも、良いところと悪いところは表裏一体。

電気はたしかに豊かな暮らしを生み出しましたが!!

逆に電気が発明されたせいで、人類は夜まで働かなきゃいけなくなったと偉い人が言ってました!!

 

 

 

ともあれ。

お部屋の雰囲気づくりに、ある程度の暗さは不可欠なのです。

だからコレ、例では部屋を暗くしたんですよね。

そもそもの照明の『光量を落としてる』から部屋自体が薄暗い。

そうそ。

天井のパルックを消して小さいライトに変更。

『一室一灯』から『適材適照』っぽくチェンジしているイメージですね。

  

※光は『必要な場所』に『必要な量』を配置する。

 

ほんで『電球色』。

元が蛍光灯の青白い灯りだったのを、オレンジ色の電球に変更してると。

イエスイエース!

電球色のほうがリラックスです!

  

『電球色』のイメージです。

   

それから『陰』

家具が障害物になってくれる位置にライトを配置してるから、部屋の色んな所に陰が生まれていると。

コントラスト効果を狙っております。

  

※明暗のコントラストが『非日常感』を生みます。

  

ハハー、なるほどねー。

理解できるようになるもんだ。

あとは、暗くなることの副次効果で、

お部屋全体の情報量が減ってます。

カラフルなグッズの色がぼやけたり、

散らかってる部分が影に隠れて見えにくくなったりね。

…………ほ、ホウ?

  

  

薄暗いと、お部屋のアラを隠せるんですよ。

人間って、見えない部分を『いい感じに想像で補う』性質がありますんでね。

初耳ですけど?

さて!!

 

  

というわけで、『照明ってスゴイ!』ということは

ある程度体感して頂けたかな~と思うのですが!

でも、おしゃれな照明ってお高いんですよねーッッッ!!!

   

Floor Lamp

 

 

これまでに、いくつかオススメの照明をご紹介させていただきましたが!

どれも高い!! 高すぎる!!!!!

まあ、ね。

家具マニアならともかく!!

照明一台でウン万円とかするのは、普通のご家庭ではちょっとキビシイ!!

  

   

……いや、本音を言うと

『何年もお部屋の雰囲気がアップして暮らしを快適にしてくれる効果』を考えると、ヘタなもの買うよりずっとオススメなんですけれど。

でも、そこはそれ!

    

「そうは言ってもね……」

   

『ランプ3万円!? シンプルに高い!!』

と感じちゃうのもまた人情です!!

よくおわかりで。

そこで! 

今日は、格安で照明を楽しめる裏技をご紹介します!

インテリア好きが、長年渇望し続けた夢の発明品!!

それが【スマートLED】なのですよーッッッ!!

ムムムムム?

 

【夢の電球】が発明されたんですよ。|スマートLED『フィリップスHUE』とは?

  

Philips Hue(ヒュー) | ホワイトグラデーション スターターセット

E26スマートLEDライト2個+ブリッジ1個+ディマースイッチ1個

 

スマートLEDっていうのは、ようはこういう電球のことです。

なにこれ。

ただの電球と何か違うの?

違います!

スマートLEDとは、『スマホ操作で、明るさとか光る色とかを変えられる電球』なのです!

 

フィリップスHUE
オフィシャル紹介動画

 

↑見たほうが早い!

これぞ、科学が生み出した最強の照明器具!!

スマホをスイッスイッとするだけで、

電球が明るくなったり暗くなったり青白い光になったりオレンジ色の光になったりするのです!!

……え?

え、ちょっと待って? ちょっと待ってくださいよ?

どうぞ。

これちょっと。

インテリアの知識なしに動画だけ見たら『ああ、そういうの好きな人もいるよね』くらいの感じなんですけど……

  

  

これまでに勉強してきた『照明の知識』をまじえて考えると、

ちょっと……最強すぎません?

その通り!!

何も知らずに見ると、『IT家電おたくが好きなオモチャ』みたいですが!!

そこまで言ってない! 口悪いな!

実はこれ!!

スマホひとつでリラックスプレッシャーの割合を自由に変えられる】、魔法の電球なんですよ!!

 

【カジマグ理論】
  • お部屋の要素は『リラックスとプレッシャーの割合を2:1にする』
  • その『プレッシャー1』は、『個性』と『ハレ』で表現する。

 

Philips Hue(ヒュー) | ホワイトグラデーション スターターセット

E26スマートLEDライト2個+ブリッジ1個+ディマースイッチ1個

 

 

やべえええええええええええっっっ!!!

こいつの発表当初、

僕も第一印象は『ワロスワロス』くらいにしか思ってなかったんですけど。

だから口悪いな。本当は思ってないでしょそんなこと。

でも、この真の力に気付いてしまったときは戦慄しましたよね。

……たしかに。

にわか仕込みのワイでも「おおっ!」ってなりました。

こいつを使えば、わざわざ新しい照明器具を買わなくても

手持ちの照明の電球を交換するだけで、お部屋の明かりを自在に調整することができるのです!!

 

自在に調整できるのです!

 

こんな部屋住んでる人いないけどっっっ!!

 

 

Pendant Light

  

もちろん!!

予算に余裕があれば、『お気に入りの照明器具を買って』『そいつの電球をスマートLEDにしてやる』ことも可能です!

ハイハイハイ、それはいいですね。

   

  

スマートLEDはすごいのですが、

光の指向性までは調整できないし、電球単体では『シェードのデザインを楽しもう』みたいなこともできないので。

ご予算やお部屋の間取り、

ご自身が求める暮らしの豊かさなどなどの優先順位を考えながら、よりベターなチョイスをしてやると良いでしょう!

とりあえずスマートLEDだけ購入して楽しんでおいて、

いつか予算ができたら上等なシェードランプとかを買って

『今まで単体で使ってたスマートLEDを移植する』……みたいなのもアリですか?

大アリです!!

 

   

LED光源だからランプ寿命も長いし、

ひと揃い買っておけば、腐らずにずっと有効活用できるのも魅力の一つです!!

なるほどーっ!!

で、これお値段どれくらいするんですか?

……。

まあまあします。

まあまあしますか。

 

スマートLED【フィリップスのHUE】は金額がすごい|電球比較レビュー

 

Philips Hue(ヒュー) | ホワイトグラデーション スターターセット

E26スマートLEDライト2個+ブリッジ1個+ディマースイッチ1個

 

先程から例に出してるこちらのモデル。

スマートLEDジャンルの金字塔【フィリップスのHUE(ヒュー)】というアイテムなのですけれど。

うむりうむり。

キホンの電球2個に、

ブリッジ(お部屋でスマートLEDを起動させるための基地)とリモコンが付いてるスターターパックで、16000円そこそこくらい

  

Philips Hue(ヒュー) | ホワイトグラデーション スターターセット

E26スマートLEDライト2個+ブリッジ1個+ディマースイッチ1個

 

ふむ。

んでまあ、電球だけ単品で買うと一個3000円くらい。

電球一個3000円。……電球一個、3000円です。

電球一個3000円です。

聞こえてます。

これを! 高いと見るか! 安いと見るかは!

かなりご予算やオシャ教養に左右されます!!

もちろん、人によって価値観は違いますから一概に決めつけることは出来ませんが! 

それでも! 今回ばかりはあえて言わせていただきたい!!

これは激安である』、と!

言いますね。

家具の世界は、とにかくお金がかかる!

1万円なんて消費税みたいなもんです!!

言い過ぎ言い過ぎ。

  

    

そして以前の記事でもお話しましたが、

ヘタな家具を買うより、思いきって照明変えたほうが効果がデカイ!!

高級な家具を一個買い足したところで、そこまで劇的にお部屋の印象は変わりませんが!

照明は一気にイメージをひっくり返します!!

  

 

まあ、たしかに。効果がデカイのはわかります。

とはいえオシャ照明は高い!! めっちゃ高い!!

しかも、お部屋の照明を『暗くてオシャレ』に固定しちゃうと、

いざ明るさが必要になったときに不便です!!

あ”あ”あ”あ”あ”あ”っっっ!!! それはそうだよねーッ!!!

それに、オレンジ色の光には弱点があって!!

リラックスなのは確かなんだけど、『色の再現性が低い』のです!!

   

   

『白いもの』に『オレンジ色の光』を当てると、

オレンジ色っぽく見えちゃいます!

オレンジ色の明かりだけでは、

モノが何色なのか本当の色がわかりにくいのです!!

い、言われてみれば確かに!!

『オシャ』と『便利さ』はシーソーゲームのようなもの!!

あっちを立てればこっちが立たない悪質な無理ゲーのなかで、

『自分にとっての最適解』を永遠に追い求める、無限の旅路なのです!!

吐きそうです!!

    

「無限の旅路も悪くないわよ」

   

それなのに!!

それなのにですよ!!!

なんですかこの発明品は!!

スマートLEDさえあれば、明るさ光の色も自由自在!!

はいっっっ!!

気分や時間帯によって明かりの調整ができるのはもちろんのこと、

こいつなら『ヘンな照明買って失敗しちゃうリスク』が非常に少ない!!

  

「勘で買うとだいたい失敗するよね」

 

『おしゃれな電球買ったけど暗すぎて本が読めなかった~問題』を、

もう心配しなくて良いのです!!

僕の苦労を返してくれええええええええええええっっっ!!!!!

……だ、だいじょうぶ? おっぱい揉む?

痛み入ります。

揉まないで。

 

 

Philips Hue ワイヤレスリモコン

 

↑ちなみに。

『なんかスマホで照明操作するのめんどくさい』

『自分はいいけど、家族はニガテそう』

……みたいなときは【リモコン兼用の壁スイッチ】をご活用ください。

なんぞこれ?

  

 

 

Philips Hue(ヒュー) | ホワイトグラデーション スターターセット

E26スマートLEDライト2個+ブリッジ1個+ディマースイッチ1個

(↑スターターセットには同梱されています↑)

   

Philips Hue ワイヤレスリモコン

 (↑リモコン単品ならこんな感じです↑)

 

これ壁に貼り付けたら『普通の照明の壁スイッチ』みたいにポチポチ使えるし、

ボタン部分だけ取り外してリモコンとして使うことも出来ますよ。

正直、実家の母ちゃんとか喜びそうです。

逆に、ご家族がハイカラ派なら、

アレクサとかグーグルホームとかみたいな『スマートホーム』全般にも対応してますんで、声で操作も可能です。

  

  

布団に入って『……おやしゅみ♥』って声をかけたら

電気消してくれるように設定するとかね。

正しい使い方のはずなのに、先生が言うときもちわるいの

どうしてなんでしょうね。

日頃の行いでしょうね。

 

白熱灯? 昼光色? 口金?|インテリア視点での電球の選び方【スマートLED比較】

  

  

ううーん。

さすがにワイも、スマートLEDの魅力はわかってきました。

おわかりいただけて嬉しいです!!

 

Philips Hue(ヒュー) | ホワイトグラデーション スターターセット

E26スマートLEDライト2個+ブリッジ1個+ディマースイッチ1個

 

まあ正直、どれだけ価値がわかっても

『たけえなぁ……』って思っちゃうタチではあるんですけれど。

……うん!!

ここはいっちょやったりますか!!

モノは試しです!!

フィギュア一個買うの我慢して……スターターセット買っちゃおっかな!!

待たれよ。

また止めるんかい。

 

 

スマートLEDは魅力的なプロダクツですが、

『フィリップスHUE』は、その中の1ブランドにしかすぎません。

……まあ、全ブランドの全モデルを覚えようとすると地獄なのですが、

せめておすすめトップ3とその特徴だけ聞いてから決めても遅くはないでしょう。

……。

よし、話していいぞ。

正直な人間は好きですよ。

   

【おすすめスマートLED】のトップ3です|『フィリップスHUE』『IKEAトロードフリ』……

Philips Hue(ヒュー) | ホワイトグラデーション スターターセット

E26スマートLEDライト2個+ブリッジ1個+ディマースイッチ1個

  

おすすめトップ3!

まず栄えある第一位は……こちら! 『フィリップスHUE』です!

なら買わせろや。

機能面から考えると最強です。

また、ブランドが安定しているので同じモデルの買い足しもしやすい。

  

  

ただし、弱点は値段

先程も少し触れましたが、スターターパックで10000円そこそこくらい。電球一個で3000円くらい。

機能が優れている分、スマートLEDの中では高級な部類なので、

『予算が許すならコレにしたい』ってイメージですね。

ていうか、安いやつとかあるの?

あります! ありますよ!!

  

 

 

それがこちら!! トロードフリ!!

イケアが後発で作ったHUEのパクr ………ゲフンゲフン!!

コホン。

……イケアが後発で作ったHUEのパクリです。

本当に咳き込んだだけだった!

  

 

  

 

『電球2個に、ゲートウェイ(基地)リモコンが付いたスターターパック』がありまして。

定価9990円ですが、セールがあれば割引されます。

  

 

 

↑んで、電球一個の単品だと2500円くらい。

HUE電球が3000円くらいなので、その差500円ほど。

ワンコインの違いですが、スマートLEDって『家中に付ける』のでこの差はジワジワと効いてきます。

ぐぬぬ。

言うほど激安ってほどでもないし、悩ましいラインですね。

安価なトロードフリの弱点って、どんなところですか?

『トロードフリは光の色にクセがある』というご感想も見かけるのですが、

こちらは好みの問題もあるので、可能であれば実店舗で確認していただきたいところ。

それより、カラー系電球の色数が気になります。

 

 

↑こういうやつ。

『電球色と蛍光灯色』の切り替えだけじゃなくて、赤とか青とか自由な色の光にできる上位モデルがあるんですよ。

上記リンクのIKEAのやつだと光色を9色に光らせられるんですが、

HUEのカラフルモデルなら1600万色もあるんです。↓

 

Philips Hue フルカラー シングルランプ Bluetooth + Zigbee対応

E26 LED電球 スマートライト|1600万色、調光

 

すげえーっっ!! ぜんぜん違う!!

……でもあの、

部屋をカラフルにすることってあります?

いやまあ、『リビングの照明をサイレンみたいな真っ赤』とかにされたら

お客さんも恐怖だと思いますけど。

ピンポイントで寝室とかお風呂場の照明に使ってやると

すごく良いですよ。

ほんのり温かい、薄桃色の照明でオフロに入ったり……。

 

オフロに入ったり……。

 

いやコレ、なんだコレ。

床ビッショビショになるやん。

心象風景です。

心象風景ですか。

あとはこう、

爽やかなグリーンの明かりに包まれながらベッドでくつろいだり……。

 

ベッドでくつろいだり……。

 

どういう状況?

心象風景です。

心象風景ですか。

ともあれ!!

だいたい、

カラーものを使いたいときって『ほんのりとした微妙な色合い』が欲しいんですよ!!

仮に今はカラフル照明なんて興味なかったとしても、

いざ欲しくなったときに9色はちょーっと心もとない!!

た、たしかに! それはたしかに!!

でも逆に言えば、

『しばらくカラフル照明はいらないよ』って覚悟があればデメリット少ないということでもありますよね!!

それもまた選択の一つですね。

イケア! イケアか!!

これは案外、ナシよりのアリかも!?

待たれよ。

うるせえな。

いっそカラフル不要であれば、ひとつ面白いアイテムがあります。

……それこそが第三のおすすめアイテム、

【エジソンバルブLEDなのですッ!!

 

 

【スマートLED比較】『IKEAトロードフリ』より『HUE』?|それとも『エジソンバルブLED』?

 

【Amazon Alexa認定 LED電球】アレクサ対応 エジソンバルブ

LEDスマート (スパイラルGLOBEゴールド) E26 LED電球

  

 

↑じゃんっ!!

ん? なんか、カタチが田舎の電球

その通り!!

  

【Amazon Alexa認定 LED電球】アレクサ対応 エジソンバルブ

LEDスマート (スパイラルGLOBEゴールド) E26 LED電球

   

こちら【エジソンバルブLED】は、

スマホや声で光量を調整できるスマートLEDの機能はそのままに、

電球そのもののデザインを

『昔ながらのエジソン電球』にした商品なのです!!

ホッホウ!?

 

 

【Amazon Alexa認定 LED電球】アレクサ対応 エジソンバルブ

LEDスマート (スパイラルGLOBEゴールド) E26 LED電球

 

透明なガラスの中に、ピレピレのフィラメントが入ってるでしょ?

本来LEDって仕組み的にこのピレピレ不要なんですけれど、

わざとこのデザインをLEDで再現したというマニアックな商品なんですよ。

 

Philips Hue(ヒュー) | ホワイトグラデーション スターターセット

E26スマートLEDライト2個+ブリッジ1個+ディマースイッチ1個

 

HUEとかトロードフリみたいなタイプって、

機能は優れているけど、電球の見た目自体がスマートすぎてちょっと味気ない。

それは、なんかわかります。

以前にも解説しました通り、照明は『明かりの効果範囲』が大切です。

本来は、照明機器のデザインそのものに

気を取られすぎないようにしたほうが良いのですけれど。

 

【Amazon Alexa認定 LED電球】アレクサ対応 エジソンバルブ

LEDスマート (スパイラルGLOBEゴールド) E26 LED電球

 

とはいえ。

……電球のカタチ、うれしいんですよね。

わかる。

ここまでデザインフルだと、見た目もハレ感(非日常感)があって素敵ですし、

レトロなデザインなので、リラックスな面もある。

照明の、『明かり以外の側面』で考えると最強の部類です。

それは良いのか悪いのか。

  

【Amazon Alexa認定 LED電球】アレクサ対応 エジソンバルブ

LEDスマート (スパイラルGLOBEゴールド) E26 LED電球

  

そしてこちらの【エジソンバルブLED】は、ハブ(基地)不要です。

電球単品で一個買えば速攻スマホで操作できる。

え! マジ!? それはハードルが低い!!

え、これもっとオススメ上位でも良いんじゃないですか!?

ハッハッハ。

ハッハッハッハッハッハ。

…………何? なにか弱点でもあるの?

  

【Amazon Alexa認定 LED電球】アレクサ対応 エジソンバルブ

LEDスマート (スパイラルGLOBEゴールド) E26 LED電球

 

えー、弱点はいろいろありますが。

いろいろあるんかい。

まず1つ。

光の強さは調整できるけど、『オレンジ色の電球色に固定』です。

蛍光灯色に切り替えられないんだ!

  

  

そして2つめ。

光の強さは調整できるけど、『MAXにしてもまぁまぁ暗い』

明るさが欲しいときに不便!!

まだあります。

光の強さは調整できるけど、『ミニマムでもまぁまぁ明るい』

んがっ!

いや! でも!!

明るくしたいときしか点けないし! 多少は! ねえ!!

けど。

自動的に朝光るようにタイマー設定をして『光で目覚まし』したいとき。

 

 

最小でもまぁまぁ明るい光で照らされて、

(――カッ!!)

『まぶしッ!! おはようございますッ!!』

ってなるのイヤでしょ。

…………イヤですね。

あとこれ電球、単品で一個4000円します。

ハッハッハッハッハ。

  

※カジマグ私物です。
電球を『エジソンバルブLED』に交換してあります。

 

↑僕はこういう、

電球そのものがデザイン的に目立つ照明にピンポイントで採用してますね。

これ一つでお部屋全体の光量はまかなえないので、

あくまで『適材適照の一つとして』配備するイメージです。

実際に使ってるんだ……。

超マニアック案件だと思って下さいね。

普遍的なおすすめはHUEですよ。くれぐれも無理にエジソン実装しないでくださいね。

 

【Amazon Alexa認定 LED電球】アレクサ対応 エジソンバルブ

LEDスマート (スパイラルGLOBEゴールド) E26 LED電球

 

あ! あと!!

上記のリンクのモデルは、ガラスがめっちゃ丸っこくてデカイです!

照明機器によっては、

ガラスがつっかえて取り付けられないことがありますので、寸法は事前にご確認を!!

トラップばっかりやんけ。

  

 

↑これは、エジソンLEDの中でも

『いちばんガラスが小さいモデル』を使ってるのでご注意です!

エジソンバルブLEDは、

『①かすれた色がついたガラスの丸形』(※めっちゃデカイ)

『②かすれた色がついたガラスの細形』

『③クリアガラスの丸形』(※カジマグ家の写真で使用)

『④クリアガラスの細形』

……の、4種類があるので気をつけましょう!

 

↑『①かすれた色がついたガラスの丸形』

(めっちゃデカくて、めっちゃ暗い)

 

↑『②かすれた色がついたガラスの細形』

(細長くて、めっちゃ暗い)

  

↑『③クリアガラスの丸形』

(丸くて、少し暗い)

  

↑『④クリアガラスの細形』

(細長くて、少し暗い)

 

 

登場アイテム

  

  

電球は、写真で見ると全部一緒に見えるので、

どう光るモデルなのか十分に確認してから購入してくださいね。

公式ページとか見ても、どれがどれだかサッパリわかりません……。

特に、

『あ、これ格安やん! ラッキー!』って思って買ったら、

『スマート機能付きで光量は変えられるけど』

『青白い蛍光灯色オンリー』

……みたいな罠もあるので、本当にお気をつけて。

ぜったい失敗したくねえーっっっ!!

ま、まとめておきますっ!!

 

 

Philips Hue(ヒュー) | ホワイトグラデーション スターターセット

E26スマートLEDライト2個+ブリッジ1個+ディマースイッチ1個

 (HUEの・電球色と蛍光灯色が切り替えられる・スターターセット)

  

Philips Hue ホワイトグラデーション シングルランプ(電球色~昼光色)

(HUEの・電球色と蛍光灯色が切り替えられる・電球一個単品

  

 

Philips Hue フルカラー シングルランプ Bluetooth + Zigbee対応

E26 LED電球 スマートライト|1600万色、調光

(HUEの・1600万色に切り替えられる・電球一個単品)

  

 

Philips Hue ワイヤレスリモコン

(HUEの・壁につけるスイッチ兼リモコン単品

  

 

  


  

 

 

(イケアの・電球色と蛍光灯色が切り替えられる・スターターセット)

 

   

(イケアの・電球色と蛍光灯色が切り替えられる・電球一個単品

 

 

イケアの・9色に切り替えられる電球一個単品

  

 

 


  

   

     

『①かすれた色がついたガラスの丸形』

(エジソンバルブLEDの・オレンジ色の電球色オンリーの・電球一個単品)

めっちゃデカくて、めっちゃ暗い

 

 

『②かすれた色がついたガラスの細形』

(エジソンバルブLEDの・オレンジ色の電球色オンリーの・電球一個単品)

細長くて、めっちゃ暗い

 

 

『③クリアガラスの丸形』

(エジソンバルブLEDの・オレンジ色の電球色オンリーの・電球一個単品)

丸くて、少し暗い

 

 

『④クリアガラスの細形』

(エジソンバルブLEDの・オレンジ色の電球色オンリーの・電球一個単品)

細長くて、少し暗い

 

 

なお、電球は

クルクル回して取り付ける口金(くちがね)部分のサイズによっても、モデルが変わります。

げ、そんなのあるの?

今回は、

一般家庭でダントツでよく使われている『E26』というサイズの物だけを選別して並べました。

カジマグ家の電球は、ぜんぶこの口金で取り付けられましたよ。

「ウチの照明は小さい特殊な口金なんだよ~!」ってときは、

別途対応してるモデルを探さなきゃいけないわけですね。

そうですね。

もっと小型の『E17』『E11』の場合は、それぞれ対応したモデルをお選び下さい。

  

『E26』とか『E17』とかの数字は、単純にクルクル部分の直径です。

クルクル部分をメジャーとかで測ってみて、直径26mmならE26ですよ。

  

  

※参考イメージです。

 

 

※参考イメージです。

  

 

あ! あとあと!

補足が多いな。

今回ご紹介したトップ3以外にも、

聞いたことないようなブランドのスマートLEDってちょこちょこ発売されてるんですけれど。

  

     

僕、以前にそういうやつを買ってみたことがあるんですけれど。

後日「コレいいなぁ」と思って買い足そうとしたら、

ブランドごと消え去っていたことがあるんですよね。

あぁ、シェア戦争に負けたんでしょうね……。

けっきょく別のスマートLEDを買うしかなくて、

タイマー設定とか全部やり直しになっちゃったんですよね。

あ”あ”あ”あ”あ”っ!! それはヤダ!!

なんかさっき、

『安定してるブランドの方が良い』みたいなこと言ってたの、そういうことですか!!!

気をつけなはれや!!

 

  

《続きの記事》

『雑貨・家電』ルート

【アートワークスタジオ】:1台で『多灯風』・ブランド天井照明

【ブランケット】が役に立つ本当の理由。

『照明』ルート

【これを知らなきゃ始まらない】:インテリア照明の超基本『適材適照』

 

関係ありそうな記事

【照明・電球】シリーズ

ヲタクの『趣味部屋』に明かりを投入した話

みんな『適材適照を教わってないよね』という話

空が青い理由と『人間の脳』のメカニズムの話

ライトはデザインごとに『使い方』がありますよという話

インテリアブログの視点で『フィリップスHUE』『IKEAトロードフリ』を比較した話

(※これが今回の記事です)

みんな『間接照明』って言葉の意味間違えてるよという話

どうして金持ちは『誰もいない庭を』照らすのか解説する話

【アートワークスタジオ】高級シーリングライトが『最高だった』理由

(アートワークスタジオ/ARTWORKSTUDIO)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です