京都の家具店『a.depeche / アデペシュ』取り扱い雑貨【スイッチプレート】【コンセントカバー】が大人気な理由

カジマグ先生

インテリアマン。140万PV突破webラノベ作家。2018年8月よりMBラボでインテリア情報を発信。好評を受けYouTubeも開設。順風満帆に見えたが、なんの因果かオタク部屋の劇的ビフォーアフターを始めることに。 (twitter)

 

予算が無くても、インテリアショップ『a.depeche(アデペシュ)』さんの家具が使いたい!!

というわけで!

デペシュさん、すごくおすすめなんですけれど。

 

<ブログ前回記事>

家具・雑貨ブランド紹介『a.depeche(アデペシュ)』

  

とはいえね。

「じゃあデペシュの棚2つくださいな!」って、そう簡単にはならないですよね。

まあちょっと。

お高いですし。場所もとりますし。ね。

せっかく紹介してもらってナンですけど、今日はこの辺で失礼します。

待て待て待て、話を切り上げないで。

いま僕、次の話題に移るための前フリの流れだったでしょ。なんで帰ろうとするんだ。

つい。

つい?

 

(引用元:a.depeche(アデペシュ) – 雑貨や家具のインテリア公式

 

えー、オススメ家具やブランドはたくさんあるんですが。

『とにかく買って試してみろ』とはなかなか言いにくいのがインテリアの世界です。

予算の問題もあるんですけれど、

もっと根本的なこととして『お部屋は狭苦しいほどプレッシャー』です。

 

【カジマグ理論】
  • お部屋の要素は『リラックスとプレッシャーの割合を2:1にする』
  • その『プレッシャー1』は、『個性』と『ハレ』で表現する。

<ブログ過去記事>

家具を『サイズ』で見るのは勘違い

 

せっかくオシャレな家具だったとしても、

何も考えずに買いまくってお部屋がギュウギュウ詰めになっちゃったら、けっきょくプレッシャーなお部屋になってしまうんですよね。

デペシュさんの家具も、

理論を知らずに闇雲に買い足すと、宝の持ち腐れになっちゃうんですね。

   

(画像引用元:アデペシュ楽天市場店様より)

  

まあ基本ウチの読者様なら大丈夫ですし。

よくよく検討した上で、「よし買うぞ!」というシチュエーションならもちろん何も問題ないのですが。

ふむ。

普通は、「よし買っちゃお!」じゃなくて、

「よしブランド名を覚えた!」

いざ家具が必要になったときに思い出そう!

……くらいの構えになると思います。

そですね。

   

(画像引用元:アデペシュ楽天市場店様より)

     

デペシュさんに興味が出てきたのは本当なんですけど、

「すぐ我が家に実装しよう!」じゃなくて、「いつか買えたらいいなぁ」みたいな憧れのポジションですね。

うむりうむり。

冷静に判断するのはよいことですよ。

……でもね。(ニコリ)

   

(画像引用元:アデペシュ楽天市場店様より)

  

せっかくブランド知ったんだから、

「ちょっとくらいデペシュの世界を味わいたい」

って思いません?

ハァ?

   

「ハァ?」

    

すーぐそういうこと言って買い煽るッ!!!

それで買えたら苦労しませんよ!!!

こっちは昼飯代まで削ってオタ活してんだ! 

安く見るなよチクショウめッ!!!

感情の沸点が低いな……。

えっとね。

いきなりウン万円とか使わなくても、『お試し的に』デペシュさんを味わえる良品があるんですよ。

 

※カジマグ私物です。

 

↑これじゃよ。

……。

なんぞコレ?

というわけで!

本日は、【a.depeche / アデペシュ】さんが誇る地味アイテム、

『スイッチプレート』『コンセントカバー』をご紹介します!

 

【a.depeche(ア・デペシュ)】家具ではないけど夢のインテリア雑貨なんですよ。

このスイッチプレートとかコンセントカバーっていうのは、

ようするに、

壁にある『コンセント穴』とか『照明のスイッチ』とかを囲っているカバーのことですね。

  

※ご家庭の『コンセント穴』のイメージです。

 

どこのご家庭にもあるでしょ、こういうコンセント穴。

こいつの保護カバー部分のことを『コンセントカバー』と言います。

 

※これが『コンセントカバー』

  

コンセント穴のカバーだったら【コンセントカバー】。

照明スイッチのカバーだったら【スイッチプレート】。

まあ、それだけですね。

 

『スイッチプレート』だとこんな感じ。
ほぼ一緒です。

  

ああ~、これこういうの、

あるのが当たり前過ぎて、自分の中でもう空気になってました。

……で、これが何?

実は、デペシュさんの商品の中に

オリジナルの【スイッチプレート】と【コンセントカバー】がありまして。

  

 

【デペシュさん製のカバー】を使えば、

家中のカバーたちが、デペシュさんのハイクオリティ素材に生まれ変わるんですよ。

 

※カジマグ私物です。

 

こんな感じ。

うおおおおおお! 地味!!!

地味だけどちょっとイイ!!!

でしょでしょ。

これねー、見た目もさることながら【毎日手で触れる部分】だから、

日々照明のスイッチを押すたびに

「……ウチ、デペシュのカバー使ってるんですよねぇ」って気分になれて満足度がすごく高いんですよ。

悪くない! 悪くないですよそれ!

  

インテリアの宿命を回避するんだ!!|町の雑貨屋さんでも探してみてね【a.depeche(ア・デペシュ)】

  

(画像引用元:アデペシュ楽天市場店様より)

  

えー、家具はヘタに買うとお部屋が狭くなる。

だけど、せっかく知ったブランドのアイテムも試してみたい。

予算の問題もありますしねえ。

なかなかむずかしい悩みです。

そこで!

この【スイッチプレート】【コンセントカバー】の出番なのですよ!

 

※カジマグ私物です。

 

これならお部屋も狭くならないし、

デペシュさんの素材の良さも、おためし感覚で味わえる。

いきなり家具を買うより、お財布にも優しそうです!!

まあ、言うほど激安ってわけでもないんですけどね。

モデルにもよるけど、これ一個で1000円~2000円くらい。

お部屋のカバーを5箇所付け替えるなら、5000円~10000円くらいになります。

……。

ほな、さいなら!

コラ待てッッッ!!

(ガチャガチャッ)……あれ、開かない!? 閉じ込められてる!?

  

    

いいですか。

インテリアは、初心者のうちは【ヘンに豪華なド派手アイテム】を買うことよりも、

とにかく

【逆効果でマイナスにならないアイテム】を試すことを優先してください。

普通に説明続けてるのが怖いッッッ!!

   

  

下手にデカモノを買って、

お部屋が狭苦しくなっちゃったらもったいないのです。

スイッチプレートだって、他のブランドでも売ってますが、

『謎の花柄』とか採用していて、むしろデフォルトの白いプレートよりプレッシャーになっちゃうことが多いのです。

うんうん! わかったから!! 

説明しながらちょっとずつこっちに近づいてこないで!

   

   

基本的に、世の中のインテリア情報は

ハレ感を見せびらかして】オシャレとしていることがほとんどです。

だけど、ハレ感はプレッシャーとほぼ同義です。

一見、非日常でオシャっぽい映像に惑わされると、どんどん暮らしにくいお部屋になってしまいます。

 

<ブログ過去記事>

おしゃれなインテリアに重要な『非日常感』

 

僕はこれで何度も失敗したんです!!

使いにくい派手な家具を買って、チビりそうなくらい大量のお小遣いを持っていかれたんです!!

来るな! 

近い近い近い近い! 顔が近い!

  

  

デペシュさんのスイッチプレートのような、

シンプルで、でも上質で、純粋にインテリアの楽しさだけが味わえるようなアイテムは貴重なんです!

皆さんは! 僕みたいにならないように!

『オシャレは楽しめるけど、お部屋がプレッシャーに寄らない』アイテムを、ぜひ試してみてください! 

俺の!! 屍を!! 越えてゆけ!!!

――――――アアアアアアアアアアアアアアアッッッッ!!!!!!

 

     

俺の屍を超えてゆけ

【俺の屍を越えてゆけ(※ゲーム作品のタイトル)】

『メタルマックス』『天外魔境』『リンダキューブ』などを世に送り出した桝田省治氏の手による平安RPG。制作会社は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』のアルファシステムというサラブレッド作品である。色々しゅごい。

短命の一族を操って、何度も寿命を迎えながら子孫を強くしていく業の深いシステムが魅力。1999年発売。プレステ1。そんなに昔の作品でしたっけ。

   

刺さるタイプのお部屋があるんです。|【a.depeche(アデペシュ)】アイアン雑貨の活用術

……ボク、スイッチプレート、カウ……。

さて!

  

(画像引用元:アデペシュ楽天市場店様より)

  

どうしてこのプレートたちをオススメするのか、

ざっくりとは理解して頂けたと思いますが!

……アウアウ……。

もう一つ!

コイツをおすすめする理由があるんですよ!

 

  

はいドン! こちら!

【ハレ感のあるアイアン】のモデルがラインナップされているんですよ!!

ぅ……うぅ……でもこれ、プレッシャーでしょ……?

下手な部屋に追加したら、余計にゴチャゴチャしちゃわない……?

そのとおり! 良い質問です!!

まるでサクラのような素晴らしいご質問ありがとうございます!!

  

(画像引用元:アデペシュ楽天市場店様より)

  

ええと。

ここでちょっと、残酷な話をします。

やめろ。

オシャレに見えないお部屋には、いくつか理由があります。

例えば、一番多いのは『そもそも片付いてない』お部屋。

片付けだけが人生ではないのですけれど、オシャ部屋を目指したいのなら床のTシャツくらいは拾ってほしいところ。

うひぃ~~。

 

<ブログ過去記事>

断捨離【おしゃ家ソムリエおしゃ子!】と【片付太郎】

 ※↑タイトルでわかりにくいけど、お片付けの指南記事です。

 

ともあれ。

色んな『オシャ部屋になれない理由』があるなか、

ひとつ、めっちゃ解決しやすいパターンがあるんですよ。

なにそれ? そんなのあるの?

それは……『木材に頼りすぎ部屋』です!!

大丈夫!? なんか敵とか作ってないですか!?

  

【良い例】のイメージ画像です。

 

もちろん、木材を効果的に使うことに何の異論もありません。

ですよね! ですよね!!

 

※【カラーボックス】のイメージ画像です。

 

だけど、インテリアのことがよくわからないとき。

お部屋のオシャ要素をすべて木目に頼ろうとするパターンあるでしょ。

木目プリントのカラーボックスを選んで、

「木目だからウチは安心だ。大丈夫、これでオシャレなはずだ」みたいな。

どうしてそんな問題発言ばっかり言うんだ。

自分でも陥ったことがある経験者なんでね。

さいで。

  

※木材さえ使えば大丈夫なはず……。

  

木材特化、一見スッキリしてて悪くはないんだけれど、

どこかのタイミングで、【雑誌みたいでステキ!】という印象に届かない壁にぶち当たるんですよね。

ふむ。

ちゃんときちんと片付いている。木目の家具を使っている。

だけど、なんだかパッとしない。

    

オシャレなような……
普通のような……

   

そういうときは、【ハレ感(非日常感)】の不足を疑ってみましょう。

ああ……。

悪くはないんだけれど、『なんか普通に見えちゃう』ときの対処法ってことですね。

まあ、基本的には

『散らかってるせいでイマイチ』なお部屋が大半なんですけれど。

   

    

ごく稀にあるんですよね。

せっかくキレイなのに「まあステキ!」と言ってもらいにくい、もったいないお部屋。

そこを何とかするのが『ハレ感』ですね。

とはいえ。

いきなりお部屋の真ん中に『等身大レム』なんかを置くわけにもいかないので。

 

 

こういう、

『面積が小さくて』『コントラスト効果で木材と相性の良いアイアン』のアイテムって、救世主になりかねないんです。

ああ!

木材中心のお部屋に、こいつでちょこっとだけ鉄の要素を足してやるんですね!

そうそ。

これなら『鉄を増やしすぎた!』とか『部屋が狭くなっちゃった!』みたいな

リスクを最小限に抑えながら、お部屋に【ハレ感(非日常感)】だけを追加できます。

  

(画像引用元:アデペシュ楽天市場店様より)

  

小さくて地味に見えると思いますけど、実際使ってみるとけっこう見栄えします。

なかなか使いやすくてありがたい存在なんですよ。

ホッホーウ!!

フーンフーン!! 思ったより悪くないですね!!

……えっと。

『きちんと片付いている、木材中心のお部屋に合わせやすい』ってだけですからね?

『お部屋の木材と鉄材のバランスを微調整しやすい』ってだけですからね?

   

「100個もらおうか」

    

『買えば買うほどおしゃれになる魔法のアイテム』じゃないですよ?

くれぐれも、何も考えずに追加しないでくださいね?

まあまあ。

まあまあまあまあ。

まあまあじゃないですけど。

 

【等身大レム】

FIGUREXが誇る等身大フィギュアシリーズ『ヒューマンスケール』から発売された、リゼロのレムのこと。

高さ149cm。価格1,573,000円(税込み)。完売済み。

  

【インテリアブログ流】実践です! 取り付けてみましょう!|【a.depeche(ア・デペシュ)】

(画像引用元:アデペシュ楽天市場店様より)

   

ちなみにこれプレート、どうやって取り付けるんです?

いつになく前向きですね……。不安だなぁ……。

なんでやねん。いいから教えて下さい。

カンタンですよ。

ちょっとこっち来てください。実践します。

 

 

これがデフォルトの状態。

普通の照明スイッチですね。

ほいほい。

こいつのガワを、ドライバーとかでグリグリしてやると……ホラ。

 

 

パキョッと薄皮がむけます。

んで、さらにドライバーでネジを外すと……。

 

 

ガクブチ的な部分が取り外せます。

ここで、デペシュさん製のプレートを用意して、

 

 

ちょっと写真のピント合ってないですけど。

ザンネンです。

撮りなおせよ。

 

 

こうやって、あらためてネジ止めしてやれば終わり。

ドライバー1本でイケます。

カンタンでしょ?

 

 

ワァーオッ!! オッシャレーッッ!!

写真ズルしないでください。なんですかこの詐欺画像。

……勘のいいガキは嫌いですよ。

 

 

まあ、もうちょい照明の具合を合わせて並べてやると、

実際はこんな感じ。

アフターの方がインテリア感や非日常感は強いんですけれど、

『壁の白色が、いったん木材の色に切り替わる』ことによる効果で、若干プレッシャーに寄っているのでご注意ください。

 

<ブログ過去記事>

インテリアの『色数』『カラーコーディネート』の話

インテリアで最もリラックスな色は『グレー』

『膨張色』と『収縮色』ややこしすぎ問題

家具・インテリアの『黒の本当の使い方』

  

そんなのありましたね~。

あ! ちょっとまって!

木材が入った分、『色数』自体が増えちゃうことも問題じゃないですか!

ああ。

それはよく勉強して下さっているすばらしい気付きだけど、そんなにご心配なさらず。

   

(画像引用元:アデペシュ楽天市場店様より)

  

今回はアップで写真を撮ってるのでわかりにくいんですけれど、

『スイッチプレート以外、まったく木材を使ってない部屋』って考えにくいんで。

お部屋全体で見た色数は増えにくいので、

そこまで気にしすぎなくて大丈夫かと。

   

色の離れた木材だと印象に悪影響を与える可能性がありますので、

手持ちの家具とスイッチプレートの色味を比べてから検討すると、より安心です。

 

ハー、なるほどねえ。

あとは、『ツヤツヤ』より『ツヤ消し』のほうがリラックス。

『人工物』より『自然物』がリラックス。

『新品』より『レトロ』の方がリラックス、です。

  

 <ブログ過去記事>

『材質』『素材』を見て家具を選ぶ話

インテリアは『萌えキャラにデカイ武器』を持たせるように

インテリアは『萌えキャラにデカイ武器』を持たせるように(第2弾)

  

……。

なんか今回、参考記事ばっかりでスミマセンね。

『どうしてオススメと思うのかの根拠』を提示しないと、うちでアイテム紹介やる意味ないかなと思って。

言いたいことはわかるけど、

あんまり記事がゴチャゴチャするようだったら、次回からちょっと考えてくださいね。

了解、了解。

様子見ながら調整していきます。

ムッフー!

 

 

ともあれ!!

デペシュさんのスイッチプレートは、

色の切り替えこそ増えますけれど、『ツヤ消し』『自然物』『レトロ(※アンティーク加工の木材使用)』です。

色~んな要素が、ちょっとずつリラックスを稼いでくれているんで。

心配するほど「お部屋がごちゃごちゃになっちゃった!」という印象にはならないんですよ。

なるほどです! なるへ! なるへ!

……だからって、無闇やたらに買えば良いってもんじゃないですからね。

へいへい。

 

本日のリンクおまとめです。|a.depeche(アデペシュ)さんのWEB取扱店です。

(画像引用元:アデペシュ楽天市場店様より)

  

んでまあ。

オススメアイテムとして、商品リンクをズラズラっと並べたいところではあるんですけれど。

ご家庭によって、スイッチのカタチとか違うんで。

オフィシャルサイトのページだけ置いておくんで、あとはまぁ、お好きにお選びくださいませ。

 

a.depeche / アデペシュ 公式サイト

a.depeche / アデペシュ 楽天市場店

    

まあ、いちばんのオススメは

店舗で実物見ることなんですけどね!!

おおっと! 身も蓋もない!!

    

  

《続きの記事》

『ブランド紹介』ルート

【リグナテラス東京】:『スタッフ用セミナー』の無料公開がすごい!!

【グランフロント大阪】:梅田のインテリアショップを一挙紹介!!

『アイテム紹介』ルート

【インテリアマンが選ぶ】:ニトリ最強のカーテン

   

ブログ

人気記事

グランフロント大阪の『家具屋・雑貨屋』を巡った話

【ボッタクリ回避】クソめんどくさい『引越しサービス』にキレた話

ニトリで一番オシャレな『カーテン』を探した話

東京インテリアショップ【Rigna(リグナテラス東京)さん】のインテリア理論

 

  『本の断捨離』:マンガが捨てられないならオーディオブック

インテリアブログの視点で選ぶ『無印良品おすすめ3選』

インテリアブログの視点で選ぶ『無印良品の買ってはいけない3選』

インテリアおたくが『リサイクルショップ』で中古家具探し

『パソコンの断捨離』無料で捨てるPC処分サービス

  

『a.depeche / アデペシュ』

ブログ記事

家具・雑貨ブランド紹介『a.depeche / アデペシュ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です