【無印良品で3つだけ厳選】インテリアブログの視点で選ぶ『本気のオススメアイテム』|通販・ネットでも買えますよ【MUJI】

(画像引用元:MUJI 無印良品公式ページより)

カジマグ先生

インテリアマン。140万PV突破webラノベ作家。2018年8月よりMBラボでインテリア情報を発信。好評を受けYouTubeも開設。順風満帆に見えたが、なんの因果かオタク部屋の劇的ビフォーアフターを始めることに。 (twitter)

【インテリアブログの視点で】無印良品のオススメ商品を選んでみましょう|家具・雑貨

  

無印良品 シリコーン調理スプーン

 

↑『無印良品のシリコンスプーンがおすすめ~』

 『買ってよかった商品ランキング上位ランクイン~』

100兆回聞きました。

嘘をつくな嘘を。

  

staub シリコン サービングスプーン

(ストウブのシリコンスプーンも比較してあげて……)

 

さて、無印良品!!

ブランドさん自体の魅力は申し分ないんですが、近年ちょっと情報が飽和気味です!!

無印良品の『隠れた逸品』というタイトル記事を読んでみても、

見慣れた感じのグッズばっかりでションボリしたことはありませんでしょうか!!!

怒られますよ。

まあ実際シリコンスプーン便利だし、僕も持ってるんですけれど。

みんな、そういう『便利グッズ』ばっかりオススメするんですよね。

ホウ?

  

(画像引用元:MUJI 無印良品公式ページより)

  

無印良品のオススメ紹介は数あれど!!

『インテリアの視点』でアイテムを選んでくださっている記事ってほとんど見かけません!!

ていうか僕自身そういうの読みたかったんですけど!!

ほんとぜんっぜん無いんですよね!!

なので自分で書きます。

そうはならんやろ。

 

【インテリアブログの視点で】無印良品おすすめ3選|『羽根クッション 43×43cm』|小物・雑貨

  

無印良品 羽根クッション 43×43cm

 

さっそく参りましょう!! おすすめ一つ目!!

インテリア好きでこれを使ってない人はいないでしょう!!

『羽根クッション 43×43cm』!!

ん? なんか白いクッションですね。

シンプルでオシャレなんですか?

違う!!!

これは、無印良品さんが誇る『クッションの中身だけ』だ!!!

 

※カジマグ私物です。

 

世の中には、色とりどりのクッション『カバー』が売っていますが、

カバーだけではペラッペラ!!

クッションは、あんこ(中材)を詰めなければあの形になりません!!

言われてみれば、そうかもですけど。

【あんこ】

業界用語。おまんじゅうの中に餡子が入っていることから連想し、クッションの中身のことを通称アンコと呼ぶ。

別名『ヌードクッション』。

 

え、中材ってどうせ『カバーで隠されて見えなくなる』んですよね?

はい、見えなくなります。

  

無印良品 羽根クッション 43×43cm

 

無印良品って、品質は良いかもしれないけどちょっと高いじゃん。

見えないところくらい、安物を買って節約したほうが良くない?

スイーツ。甘いと言わざるを得ません、

いつも無印のレジ横で売ってる『いちごのジャムパイ』くらい甘い。

あれは『パイ生地が薄味』だからちょうどいいんだよ。

 

  

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

 

 

えー、クッションのアンコには!!

大まかに分けて、中身が『ポリエステルわた』のものと『羽根』のものがあります!!

ふむん?

これを気にかけずテキトーに安いやつを選ぶと、

自動的に『ポリエステルわた』になります!!

ああ、そういや今回の無印良品のやつは『羽根』って言ってましたね。

  

無印良品 羽根クッション 43×43cm

 

ヌードクッションの中身が羽根だと、どうしてインテリア的に嬉しいのか!!

実は『ポリエステルわた』って、羽根と比べてめっちゃ高反発なんです。

ホウ?

 

※『ポリエステルわた』をイン!

 

↑試しにこちら、『ポリエステルわた』の中材を詰めたクッションです。

反発の強い『ポリエスエルわた』は、空気を含んでしっかりと膨らみ、

クッションカバー内側の下からてっぺんまでアンコがみっちりいきわたっています。

小綺麗でいいじゃないですか。

ていうかクッションって普通こうでしょ。

それでは、次の例をご覧ください。

全く同じクッションカバーに、『羽根』素材の中材を詰めてチョップしました。

チョップ?

 

※『羽根』をイン!

 

できました、こんな感じです。

ホウ!?

ホウ……ホウ……。

同じ写真ですか?

違わい。

 

 

羽根アンコの方が、

『脇腹にシワ』が生まれ、重力に引っ張られて『全体的にタプッとしている』のが分かりますでしょうか?

アーアーアーッ!!! そういうこと!?

わかります! わかりますけど、なんだこれ!!

  

 

クッションは、パンパンに均一な表情のまま飾るのではなく、

チョップして『こなれ感』を出してやるのがインテリアの基本です。

これを『クッション・カラテ』と言います。

ふざけすぎ~。

【クッション・カラテ】

実在するインテリアのテクニック。

スウェーデンのインテリアデザイナー『Frida Ramstedt』氏が命名。(※引用元・参考文献

クッションの上部にチョップする『シングル』、上部と両脇をチョップする『ダブル』、ド真ん中に一発入れる『お腹チョップ』がある。

 

『ポリエステルわた』だと、このクッション・カラテがうまくいきません。

いくらチョップを加えても、

ポヨンポヨンと高反発なので、すぐ元の形に戻っちゃうんですよね。

ははぁー、なるほど。

  

※『ポリエステルわた』だとポヨポヨします。

  

それに比べて羽根は、その名の通り『鳥さんの羽根』です。

たっぷりと空気を含みますが、ポヨポヨとした弾力なんてありません。

ちょっといいホテルに泊まると、

備え付けのクッションの感触が『ポヨポヨ』じゃなくて『バフッ』て感じのときあるでしょ?

あの『バフッ』が羽根クッションです。

インテリアの言語化を目指しておいて『バフッ』て。

 

※『羽根』ならバフッとします。

 

ともあれ!!

羽根アンコであれば、カラテのワザマエに合わせて

自在にクッションの形を微調整することができるわけですよ!!

うむり!!

自宅でこれを実装するのに、

無印さんの羽根クッションなら、お値段的にもクオリティ的にもちょうどいい……というお話ですね。

なんなら『ポリエステルの中材入り』で買ったクッションのアンコを、

わざわざ抜いて無印の羽根に入れ替えることすら普通にありますよ!!

インテリアおたくはこれだから!!!!

  

無印良品 羽根クッション 43×43cm

  

ていうかさ。

ポリにせよ羽根にせよ、いざ『中身付き』だと思ってネットでクッション注文したら、カバーだけ届くことよくありますからね。

そのときになってあせらないように、

『オススメの中材の存在』を頭の片隅で覚えておいていただけたらと思います。

そんなことあるんや……。

ミトン(なべつかみ)を注文したら、『片手だけ届いた』とかもよくありますよ。

インテリアの世界おそろしい!!!

 

※無印良品の、↑こんな感じのエリアに売ってます。

  

【羽根クッション 43×43cm】

同じ無印の羽根アンコに、『55×59cm』というサイズバリエーションがあります。

そっちは座布団用なので、ヘタに買うと普通のクッションカバーに入らないのでご注意くださいませ。

 

【インテリアブログの視点で】無印良品おすすめ3選|『アクリルピクチャーフレーム・大 B2サイズ用』|小物・雑貨

  

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

 

無印良品さんのオススメ2つ目!!

アクリルピクチャーフレームの『大』サイズ!!

ほーん?

これね、ようは写真とかアートとかを入れて飾るための

『額縁(がくぶち)』なんですけれど。

この無印さんのアクリルフレームがめっちゃ良いんですよね~。

あの。

クッションのときも『中材よりカバーが大事じゃない?』って思いましたけど、

こういうのも『額縁よりアートそのものの方が大事』ってことないですか?

スイーツ。甘いと言わざるを得ません、

最近出てきた『チョコがけバナナバウム』くらい甘い。

あれは甘くない牛乳と合わせるからいいんだよ。

  

 

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

 

えー、額縁。

実は以外と重要なんです。

大前提として、

アートの世界において、あんまり自分の審美眼を信じないでください。

なんだとう?

もちろん、

美術展に通うのが趣味で『圧倒的に経験値が多い』とか、

美大出身で『自分でも絵を描く』とか、

そういう、本当に審美眼が鍛えられている場合は別にいいんですが、

僕らみたいな素人に、そうそうアートや写真の本当の価値なんてわかりません。

……う、まあ、

素人が無責任に『この人の絵は上手い!』みたいに評価するのが不誠実だってことはわかります。

草野球が趣味のオッサンが、

プロ野球選手の中継に『ヘタクソ!』ってヤジを飛ばすようなモンですからね。

そこまでは言ってませんけど?

 

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

  

ともあれ、

では人は何を基準に『モノの価値』を判断しているのか?

カンタンです。

『大事そうに飾られているもの』ほど上等なアイテムに見えるんです。

人間って愚かだなあ。

人間に限らないです。

いわゆる『グッピー効果』ですね。

 

※グッピーです。

  

女の子だらけの、ハーレムみたいな水槽で暮らしているモテモテ状態の『ブサイクなオスグッピー』と、

ひとりぼっちの水槽で、友達も彼女もいない状態で暮らしている『イケメンのオスグッピー』。

よそからやってきたメスグッピーにこの二匹を見せると、

『ブサイクだけどモテモテ』な方のオスグッピーに求愛行動をとるっていう。

ははー、

『みんなが欲しがるなら良い人材に違いない!』みたいな感じですね。

僕たち、写真やアートは見慣れていませんが、

『安物の額縁』は、ニトリや100円ショップで見かけて素材感をよく知っています。

せっかくのアートも、普段から見慣れた【ケ感(日常感)】の強い額縁に飾られていると、

その程度の価値のアイテムに見えがちなんですよね。

   

【カジマグ理論】
  • お部屋の要素は『リラックスとプレッシャーの割合を2:1にする』
  • その『プレッシャー1』は、『個性』と『ハレ』で表現する。

<過去記事:インテリアの【ハレ】を考えるんだ!

 

高級レストランのお料理だって、

スーパーマーケットの発泡トレーで提供されたら魅力激減しちゃうのです。

理屈は分かるけど、なんか怖い話だな……。

いやいや、結論をあせりなさんな。

もっと前向きに『夢のある』捉え方ができますよ。

せっかくの上等なアートは、ちゃんとしたガクブチに飾ってやらないと

魅力が減衰してしまいますが。

うん。

通常ならお部屋のメインディッシュにするのが難しいようなアイテムでも、

『大事そうに飾ってやれば』それっぽく見せることができるということです。

 

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

 

そのために便利なアイテムがこれ、

無印良品さんの『アクリルフレーム』……ということなんです。

ほーん?

論より証拠。

たとえばコレ、あなたが好きなゲームの『取扱説明書』

 

※撮影ご協力ありがとうございました!!

 

ちょっと!! 勝手にさわらないで!!!

このままだと、ただの『ちょっと気の利いた装丁の説明書』ですが。

これをこう、アクリルフレームに入れてやると……。

 

 

こんな感じ。

ちょっとした『ディスプレイ用の小物』っぽくなるでしょ。

……。

くるしゅうない。

僕のアクリルフレーム返してください。

  

※撮影ご協力ありがとうございました!!

 

まあアレだ。

大事そうに飾れば、大事なものに見える。とりあえず納得してあげましょう。

でもこれは、『普通サイズ』のフレームの例です。

僕がオススメしているのは、これの『大サイズ』なんですよ。

大サイズ、とな。

日常アイテムを【非日常アイテム】に格上げするためには、

なるべく【非日常な飾り方】をしてやるほど効果的です。

アキバ系のポスターを『安物のガクブチ』に入れたりなんかしたら、

一発でよくあるオタク部屋のイメージになってしまいます。

  

※アキバ系のアイテムを普通のガクブチに入れると、
『オタク部屋感』が出ます。

 

ワイの私物を勝手に撮影するなあああああ!!!!!

実際にビフォーアフターをやったときも、

『タペストリーの飾り方』を、なるべく日常感が薄れるように工夫しておりました。

 

※タペストリーを『大事そうに』飾りました。

 

極端な話、

オタクグッズでも『アートのように大事に飾れば』、アートのように大切なものに見えるわけです。

ふむ。

で、まあ

『アートらしいアートの飾り方』にも色んなテクニックがあるわけですが、

先ほど言った通り、

できるだけ【非日常な飾り方】をしてやらなければ、日常アイテムを非日常にひっくり返すことはできません。

理屈的には分かります。

かと言って、リフォームを伴うような大規模な工事は現実的ではありません。

そう! それ!!

いくら120点くらいオシャレな部屋でも、自分が再現できなきゃ意味ないんですよ!!

……と、いうところを踏まえた上で、僕が個人的にオススメする、

『一般家庭で実現可能』な、『非日常感の強い』アートの飾り方……それは!!

大きめサイズを『床にベタ置き』!!

 

(画像引用元:【Rigna】おしゃれな家具通販・インテリアショップ リグナ
※当ブログが勝手に応援しているショップ様です。

 

うおおおおお!! かっこいい!!!

これをやるには『フレームのサイズ感』が超重要なんですが、

ここまででっかいフレームってなかなか手に入りません!!

大きさの分だけお値段も高くなってしまうし、

床に直接置くわけだから、『汚れ』も気になってしまいます!!

あーあーあー、そうかもね!!

ただでさえデカイぶん高いのに、

いかにもスキマにホコリが溜まりそうなフレームを床に置くのは、庶民にはけっこう勇気がいるぞ!!

  

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

  

そこでコレ!!

無印のアクリルフレームなら特大サイズが売ってるし、

素材的にも頑丈だから、床置きしても汚れがカンタンに拭き取れて安心!!

【汚れが拭き取れて安心!】

アクリルって、ようはただの樹脂プレートなので気軽に水拭きとかできて掃除がラクチンです。

が、『汚れない』わけではないので重度のズボラさんは注意されたし。

  

……ちなみに、アクリルフレームのお値段っていくらくらいなんでしょう?

普通のガクブチならすぐに『ウン万円』とかいっちゃうけど、

無印のアクリルフレームなら、長辺1メートル近くある特大サイズで4000円くらい。

おおおお、それは高いのか安いのよくわからないけど、

ウン万円よりはマシな気がします!!!

持ってるんでしょう!!!

でっかい『複製原画』とか『タペストリー』とかを!!

使わない『大判バスタオル』を!! ペラペラの『ベッドシーツ』を!! 不思議な『シャワーカーテン』を!!

具体的なオタクグッズの例はよせ。

飾りましょうよ!!!

アートと同じように、オシャレにさあ!!!

期待が高まります!!

高まりますけど、カジマグ先生のそのテンションはちょっとノーサンキューです!!

問答無用。

 

オタクグッズも、アートみたいに飾ってみましょう!

 

↑とまあ、ざっとこんな感じです。

すごいいいいいいいいっっ!!!

すごいバカ。

なんだとう?

  

※無印良品の、↑こんな感じのエリアに売ってます。

  

【インテリアブログの視点で】無印良品おすすめ3選|『セメント鉢 11号』『セメント鉢 13号』|家具・雑貨

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

 

いよいよ佳境です!!

『インテリアの視点で考える』無印良品のおすすめアイテム、最後を飾るのはこちら!!

お、観葉植物ですか。

無印のこういうのってオシャレですよねえ。

この緑の葉っぱが、珍しいオシャレ植物なんですか?

無印良品おすすめアイテムのラストは!!

そう!! ごらんのとおり『セメント鉢』です!!

どこ見てんだよ?

  

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

 

↑これ、植物自体は

別に無印良品さん以外のお店でも手に入る、定番人気のウンベラータです。

ですが観葉植物は、それだけで飾ることはできません。

当たり前ですが『植木鉢』が必要ですよね?

まあ、ハイハイハイハイ。

言われてみればこの植木鉢、なんかオシャレかもですね。

  

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

 

えー、基本的には

観葉植物はそれ自体が【ハレ感(非日常感)】の強いアイテムですので、パッと飾るだけでそこそこサマになっちゃうんですが。

 

<過去記事>

【室外・一般家庭外】にあるはずの家具雑貨は非日常

  

土台を彩る植木鉢』の印象がオシャレだと、

全体の雰囲気がさらにグッとよくなります。

まったく意識してなかったけど、

写真を見たらたしかに重要っぽい気もしますね、『植木鉢』。

『人気ハンバーガー店が旨い秘密は、実は肉じゃなくてパンだった』とか、

『評判の定食屋のかつ丼が旨い理由は、実はカツじゃなくてライスだった』みたいな。

美味しんぼ9巻と、将太の寿司読み切り版で例えるのやめなさい。

ここは神聖で格式高いインテリアブログですよ。

どの口が言うんだ。

 

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

 

ともあれ植木鉢!! プランターカバー!!

……これ自分で選ぶのはけっこう難しいんですよ。

『植物本体の大きさ』とのバランスも考えなきゃいけないし、

モデルによって見た目もお値段も多種多様、なかなか自信を持って「コレだ!」と決められません。

想像するだけで難しいです!!

そもそも植木鉢のオシャレな適正サイズは、普通の人が思ってるよりずっと大きいですからね。

自力でこの大きさを選べるセンスがあるなら苦労しないってハナシですよ。

   

(画像引用元:無印良品ネットストア公式様より)

 

ですが無印さんの『セメント鉢』は、デザインの落としどころが非常に良い。

理屈はあんまり分かってませんが、たしかに見た感じの印象はめっちゃ良いです。

サイズ感もさることながら、セメントってようするにコンクリートです。

普通は『室外にある』ものですから、典型的な【ハレ(非日常)】要素になります。

また、天然植物を飾るための土台が『人工物』になるわけだから、

お互いを引き立て合うコントラスト効果まで期待できるのですよ。

 

<過去記事>

『自然物』と『人工物』とでコントラスト効果

  

セメント鉢は人工物っぽさが際立って、より非日常に。

観葉植物は自然っぽさが引き立って、よりナチュラルに……みたいな感じですね!

完璧です!!

しかもコンクリートは、お色が『グレー系』です。

お部屋のリラックスまで確保してくれるんですよね。

  

【カジマグ理論】
  • お部屋の要素は『リラックスとプレッシャーの割合を2:1にする』
  • その『プレッシャー1』は、『個性』と『ハレ』で表現する。

<過去記事>

インテリアで最もリラックスなカラーは『グレー』

 

というわけで!!

全方位的に便利な無印良品さんの『セメント鉢』!!

お値段も、観葉植物の価格にコミコミでのセット販売です!!

なかなか良心的なので、無印さんでインテリアグリーンをお探しの際は、ぜひ候補に入れてみてください!!

ふぁーい!!

しいて難点を挙げるなら、セメント鉢だけを『単品販売』してないところ!

よそのお店で安い植物を買ってきて、

無印良品のセメント鉢に植え替える……みたいなことはできないので留意されたし!!

おお、それは、こう!!

……いつか売ってくれたら便利ですね。

それな。

 

※↑こんな感じでソファ横とかにディスプレイされてます。

 

【インテリアブログの視点で】無印良品のオススメ商品3選でした!!

(画像引用元:MUJI 無印良品公式ページより)

  

というわけで!!!

便利系グッズとはちょっと違う、

インテリアの視点で見た【無印良品のオススメ商品3選】でしたーッ!!!

なかなか興味深かったです!!

なお、無印良品さんは『寝具』も強い!!

すでに過去記事で紹介済みですので、

あえて今回の三選には加えませんでしたが!!

 

<▼無印良品さんの『リネン寝具』はコスパがすごい▼>

【魔王城でおやすみ】『おすすめベッドシーツ』と『リネンが冬でも使える理由』

  

↑特にリネンのベッドカバー、掛け布団カバーは

マジでブランド顔負けのクオリティですので!!

よかったら、合わせてご参考にしてみてくださいませ。

りょうかいでーす!!

ではまた!!

機会があったら別記事でお会いしましょう!!

皆様、よきインテリア生活を!! バイバイ!!

バイバイです!!

   

  

《続きの記事》

『無印良品』ルート

【買ってはいけない無印良品】:インテリアの視点でじっくり考察

『雑貨・家電』ルート

【フラワーベース】:初心者向け『花瓶のサイズ』の選び方

【1台20万円】:最高級ルンバを『見た目ばっかり』真剣レビュー

  

関係ありそうな

記事

無印良品の『買ってはいけない』家具・雑貨の3選

クソめんどくさい『引越しサービス』にキレた話

ニトリで一番オシャレな『カーテン』を探した話

オタクの『趣味部屋・汚部屋』を断捨離で劇的ビフォーアフターした話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です